仙台駅前 代々木ミルクホール カクテル豊富な安い居酒屋!


大衆酒場BEETLEでドイツ人とオーストリア人の彼氏の話と、えっちもできる愛すべき友人の話をしながらやっすい肴とやっすいビールで楽しい時間を過ごしたわたしたちは、隣に座っていた大ジョッキのお客さんからのオススメでミルクホールへ向かうことにしました。

昭和タイムスリップ酒場 仙台ミルクホール

営業時間
日~木・祝日  16:45~1:00
金・土・祝前日 16:45~5:00
年中無休

仙台市青葉区中央1丁目8-2
022-721-5369

もともと2次会で行く予定だったやきとん大国や、何度か行っている丸昌のすぐそばです。
入口に18時までご来店で90分飲み放題500円とありました。

ここもやっすい…

代々木 ミルクホール

プロマイド写真で囲まれた階段をのぼって入口から昭和にタイムスリップしていきます。
ハイヒールだとのぼりにくいです。酔っ払いはお気をつけください。

酒量の多いふたりなので、取りあえず2時間1500円の飲み放題(席も2時間、ラストオーダーは30分前)にしました。お通し代は500円です。



わたしは先日のウンねんぶりのレゲエパンチに続き、今回は照葉樹林を注文します。飲み放題メニュー豊富だなと思って飲み放題にしたのですが、これの倍以上のカクテルメニューがあったので少し後悔しました。

飲み放題メニューにもある樽詰ジョッキは390円(プレミアムモルツは450円)。

ガリガリ君サワーやまるごと冷凍みかんサワーなどの変わり種もあります。
タイガーマスク、ラムちゃん、涙のリクエストなど変わった名前のカクテルも気になりますが、こちらは飲み放題に入らないのが残念です。

ミルクホールは懐かしい歌謡曲やアニメソングが流れていて、照明や装飾もノスタルジックな気分にさせます。懐かしいとは言っても、わたしのお母さん世代の音楽が流れているのですが、実際にお店に来るのはわたしたちと同じくらいか、わたしたちよりも若い人たちです。

わたしはセーラームーン世代です。

縄で縛って…おっしおっきよっ!!

お通しがお菓子では、この音楽をリアルタイムで聴いてきた世代はもう喜べないのかもしれません。わたしの母はきっと「いらね。食べれ。お母さんは刺身く」と言うでしょう。

お食事メニューは子供の小遣いで食べられるような価格のものがずらりと並びます。ナポリタンが390円です。ここに来る前の大衆酒場ビートルが安くて美味しい良店だったことと、今ブログを書いているわたしが寝起きなので文章上ではそんなに驚きはしませんが、実際には

「やっす!!安いね!!すごい!!ナポリタンもお好み焼きも390円!!串揚げ70円だしコンビーフがある!ガリガリ君サワー!?」


と大はしゃぎでした。

さっきわたしの母が食べたがっていたお刺身はありません。

「刺身がない」

そういってうなだれるわたしに、一次会の大衆酒場ビートルから一緒に呑んでいたしのぶさんは

「安いからしょうがないねぇ。ほら!たこわさがあるよ☆」

と優しく言ってくれます。この人は始終そうです。お母さんのように優しくて話題も経験も豊富で、若い男にモテます。

チィッッッ

照葉樹林はジュースのように胃に流れていきます。


おすすめメニューからずりポン130円と、長ネギチーズ焼き200円を注文します。
2軒目なので安いのが一番です。
他にはプチトマトベーコン焼き90円、椎茸串揚げ90円、プチトマト串揚げ70円、レゲエパンツ。違った。レゲエパンチでした。

わたしの目の前では懐かしのアニメの映像が流れています。しかしわたしたちの話題はAV男優の一徹くんです。女性向けAV男優の彼が出てきたとき、わたしはどういうわけかムーミン推しでした。

好みは変わるものです。今は一徹くんがかっこよく見えます。

ずりポンは砂肝スライスのボイルにぽん酢。確かにこれは100円だ。
プチトマトベーコン焼き。確かにこれも90円だ。

そう言って肴をつまみ、レゲエパンチを吞み、一徹くんとハメたことがあるか、ないかなどと語り合いながらカルピスサワーをオーダーします。


たまにはこんな日があっても良いではないですか。

何やら店内が騒がしいです。満塁ホームランが入ったようで、後ろの席に2リットルサイズのドリンク(たぶん)が運ばれました。わたしと比べるといくらか華奢な男性が、上の樽のようなジョッキを両手で持っています。

わたしの人生の満塁ホームランはいつなのでしょうか。

いまでしょ!!!(ドヤァ)

わたしは大人のカルピスソーダを呑みながら、大好きなミルクせんべいに、卓上に置かれたウスターソースを挟んで食べます。ある小学校のすぐそばに、アメリカンドックにウスターソースをジャブジャブつけて食べさせるお店があって、あのアメリカンドックがまた食べたいなと思い出します。

串揚げ(椎茸90円、プチトマト70円)と長ネギチーズ焼き200円はボリュームがあります。

長ねぎチーズ焼きは簡単料理で、まるで自宅で酔っぱらったわたしがつくった料理かのようです。『白ネギ部分は他の料理に使ったけど、青ネギ部分は残ってるから、そうだ、せっかくだからチーズと一緒に焼いておくか』といったような家庭的な料理で、200円なのにチーズがたっぷりです。

気の置けない友人と家で呑んでいるときに出してもらった、あるいは出すような、冷蔵庫にあるもので作ったような料理が新鮮です。


駅近く、快適でノスタルジックな空間で、ノスタルジックな気分になっています。BGMの音量が高めなのでどんな話だって出来てしまいます。

わたしたちは、自由です。

女子トークで盛り上がっているところに、近くで呑んでいた独身貴族HGさんが合流します。

後から知ったのですが、彼はこの日10月25日が誕生日でした。わたしたちは飲み物を一杯ご馳走になり、そのままAV男優の話を続けます。

左から色の様子で、タイガーマスク、ドロンジョ様、宇宙戦艦ヤマトでしょうか。

もう酔っぱらって覚えていません。

いつも日本酒ばかりですが、カラフルな飲み物も楽しくて良いものですね。ここで、しのぶさんとは解散。わたしとHGさんは、帰るつもりがすぐそばのタンバリンに吸い込まれました。

タンバリンの記事はこちら。

ミルクホールの前に呑んでいた大衆酒場ビートルもおすすめです。

ミルクホールの公式ホームページはこちら

お酒は20歳になってから。のんべーほど酒量はほどほどに。