国分町『波紋』和食をカジュアルに♪馬刺し好きや女性にもおすすめの居酒屋

仙台 ぶり子

管理人のぶり子は秋田出身・仙台在住の37才。
お酒と刺身が大好きです!

地域情報はコロナなどの影響で変更があるかもしれないので、SNSや公式HPのリンクから最新情報をご確認ください♪

更新はTwitterでお知らせ!
ぶり子
ぶり子

どーも!呑み過ぎで内臓が心配なぶり子です!
仙台ぶり子Twitter

晩翠通りにひっそりと佇む大人のお店へ行ってきました。

会話しやすい雰囲気と美味しいお料理での接待はもちろん、『美味しいものを少しずつ色々食べたい』女性にもおすすめです。特別な日のデートにも。

国分町の居酒屋【Washoku 波紋】店舗情報

Washoku 波紋
営業時間
17:00~24:00 (L.O 23:30)
不定休
住所:宮城県仙台市青葉区国分町2丁目8-9 2F
電話:022-302-5987
公式サイト/Facebook/Instagram

入口が目立たないので店の前を通り過ぎました。

Washoku波紋さんは、晩翠通り、五りんの隣。

カジュアルだけど、ちょっと本格的。日本料理をオシャレな空間で居酒屋さんのように楽しめます。

他の居酒屋さんと比べると少々高めのお値段ですが、美味しいものを知ってしまった大人が日常のお店として居酒屋のようにカジュアルに利用できる。

そんな和食のお店です。

店内は、入ってすぐに大きなカウンター席、奥にはテーブル席、そしてお座敷。

カジュアルに和食♪波紋のメニュー

まずはお食事メニューから。

でも画像取り忘れちゃって・・・

お食事のメニューはこちらしか撮っていませんでした。ご一緒させていただいた常連さんのおススメは、旬菜7~10種を盛り合わせた前菜、仙台市場のにぎわい(現在2,200円税別)と、桜さし五種盛(4,000円)

Washoku波紋 公式サイトより引用

人気No1はお出汁と土鍋炊きごはんでいただく名物『鯛茶漬け(1,800円)』

ほかに、鮮魚お造り盛合せ(1人前 1,600円そのほかご予算に応じて)

宮城県角田市の野田鴨 塩or煮付け(2,000円)、乾燥熟成肉(2500円~)、お魚料理などがあって、ちょっとお高いのですが・・・

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

washoku 波紋 仙台(@washoku_hamon_sendai)がシェアした投稿

Instagram@washoku_hamon_sendai

どれも盛り付けがキレイで思い出に残るような華やかさがあります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

washoku 波紋 仙台(@washoku_hamon_sendai)がシェアした投稿

Instagram@washoku_hamon_sendai

現在は17時までのご予約でテイクアウトもできる限り対応しているとのことなので、気になるメニューがあれば電話で確認してみてください。

買った日本酒と仙台市場のにぎわいだけでもかなりいい晩酌セットになると思います。

詳しいメニュー内容は公式サイトで。

ちなみに仙台の日本酒情報ならこちら
日本酒オタクがすすめる!仙台の地酒屋/地酒店11選

生ビールはマスターズドリーム(700円)。

サントリーのビールでも、ちょっとお高いやつです。生ビールは初めて見ました。

それからドラフトギネス(800円)とサッポロラガービールの中瓶(680円)。

泡はモンテベッロ ブリュット ビアンコ(3,500円)、山形 かみのやま あわ(5,000円)、テタンジェ ブリュット レゼルヴ(11,000円)

他にもオススメがあるようなので、他のものが呑みたい方は前もって確認しておくと良いかもしれません。

赤白も有名どころで外さないラインナップ。

本格焼酎は7種以上、ウイスキーはジャパニーズウイスキーが5種以上あります。

他に日本酒、酎ハイ、サワー、梅酒などの果実酒、カクテルなどドリンクメニューは豊富です。

日本酒は宮城県から究極の食中酒を目指す伯楽星と、福岡県から米の旨味とキレの良さが特徴の駿。

伯楽星は女性的、駿は男性的な味わいですが、どちらもキレ良く和食にピッタリです。

わたしは隠し酒をいただきます。

流行り、地域など全く統一感のない日本酒ラインナップですが、和食に合わせやすい香り穏やかなものが多いようです。下から順番に呑むことにしました。

波紋の馬刺しがスゴイ!仙台市場のにぎわいもおすすめ

まずは日本酒を・・・

思ったよりも大きなグラスでいただきました。半合以上はあります。

お通しは山形芋煮でしょうか。

お肉は柔らかくて脂がしつこくないし、里芋はねっとり。雑味なく透明感のあるお出汁が美味しい。

お鍋とか汁物もいただいてみたいです。

最近SNS上で見かけることが増えた、長野 尾澤酒造の『19』

1合で注文するとこちらの酒器での提供になりました。

このとっくりにお酒を注ぐと、酒器にお酒が流れ込んで滝のようになります。

わたしはこれを見たいがために2回も1合でいただきました。

どんだけ呑んだんだ。

前菜に仙台市場のにぎわいを注文します。写真は2名分で、このときは1名分1800円。

こだわりのお料理が少しづついただけるのは嬉しい。

湯葉、秋刀魚肝和え、くじらベーコン、玉子焼き、クリームチーズといぶりがっこ、枝豆、はらこ飯、長芋の醤油漬けの8品です。

味わいにクセのあるくじらベーコンですが、臭みなどの嫌なところがなく旨味が凝縮されていて滋味深く、日本酒によく合います。旨いですね。

小さい大根もパリッと瑞々しくて辛すぎず、口直しに丁度いい。

秋刀魚の肝和えは薬味も無駄なく良い仕事をしています。

お刺身は自宅でも鮮度の良いものを食べようと思えば食べられるので、こういうひと手間は嬉しいですね。家でも他の店でもなく、このお店でとなります。

お刺身盛り合わせも食べてみたいと思いました。

長芋の醤油漬け。

湯葉の写真がないのですが、湯葉も美味しかったです。

それから、クリームチーズがすごく美味しかったです。クリームチーズだけでも美味しいのですが、いぶりがっこにも良く合います。

いぶりがっことクリームチーズは合うには合うのですが、塩味の差のせいか、いまいち融合しないのです。それが、西京漬けされたこのクリームチーズだとしっかりと馴染みます。まさに融合。これぞマリアージュ。

けっこう呑んでいるように見えますが、一緒に飲んでいる人がずっと話続けているので注文のタイミングがつかめず、テンポよく日本酒が注文できない上にお料理もすすみません。

半分くらい無視してメニューを読み、写真をバンバン撮り、ガツガツ食べればよかった。

店主は細身でモテそうなイケメンです。

カウンターに炭塩や何か他の塩なども並んでいて「これで呑めるな」などと言っていましたが、炭塩しか思い出せません。

さすがに2時間以上食べ続ければお料理もなくなります。

ここでようやく他のお客さんが注文していて気になっていた馬刺しを注文します。

盛り付けも丁寧で面白いです。写真からもわかるほど鮮度の良い瑞々しい赤身ロースに、奥は角の立ったハツ。器に入っているのはレバーです。

会津馬刺しということで、お馴染みの辛味噌がついてくるのが嬉しい。

わたしはこの味噌があればその飾り大根も美味しくいただけますね。青物のお浸しだって醤油と辛味噌で美味しく食べられそうです。

レバーはゴマ塩とゴマ油でいただきます。

コリコリサクサクで、サッパリとしたレバ刺しです。レバ刺し特有の甘味はありますが、臭みもなく美味しい。きっと丁寧に下処理をされているんでしょう。

すごくキレイなレバーです。完璧。

ロースもいいですね。モモと見間違うほどにキレイな赤身。

馬刺しは厚みなど切り方でも味わいが変わってくるので、どんなに良い馬刺しでも薄すぎたり小さかったりすると勿体ないことになるのですが、こちらは厚めに切りつけられていて美味しくいただくことができました。

ハツは見た目から想像したほどのサクサク感はありませんでしたが、歯ごたえ良く、やはりクセがなく食べやすいです。


馬刺し専門店でもないのにこれらの部位をこのクオリティーで提供してくるのは、すごいを通り越して面白いです。ふたえごやタンがメニューに並ぶこともあるのだそう。

馬刺し好きなかたにおすすめです。

〆はマスターズドリームで。

美味しいかったです!また伺います。

お酒は20歳になってから。
のんべーほど酒量はほどほどに