一番町【薫りと和酒 紬】日本酒と料理が美味しいお店に行ってきた

薫りと和酒 紬

営業時間 17時00分~0時00分
定休日  日曜日


カード可 VISA、MASTER、AmericanExpress、Nicos、JCB

宮城県仙台市青葉区一番町4丁目3-3
022-393-7791

公式ホームページ

Facebook 毎日更新しています。

Twitter


他県から来る友人から、カウンターでのひとり呑みや、女の子とふたりで呑むのに雰囲気の良い店を教えてと言われると紹介するお店がこちらです。

薫りと和酒 紬

広瀬通にあるのですが、2階ということもあり少し見つけにくです。
わたしは何度も行っていますが、毎回どこにあるのか探します。

ほとんど決まった店にしか行かないわたしですが、紬さんもよく行くお店です。
ブログを始めてからも何度か伺っていました。多数で伺っていたため会話に忙しく、ブログにするほど写真が撮れないのでなかなか紹介出来ずにいました。

この日は、普段はにこらすさんか歓の季さんにしか行かないというKさんから、『ひとりでサクッと呑める美味しいお店』をオススメする機会をいただき、オススメついでにご一緒させていただきました。

ひとりでサクッとのつもりが、夕方5時半からふたりで始まり、4軒のハシゴ酒、4人で終電まで呑むことになろうとは、彼も思ってはいなかったでしょう。

紬さんは、Facebookでお付き合いさせていただいている友人にもファンが多いお店です。

カウンター、ふたり席から6名ほどが座れるテーブル席があって、暗めの照明でオシャレな雰囲気のお店です。メニューの画像は日替わりのオススメメニューで、ほんの一部です。スモーク料理がメインですが、お刺身、一品料理、軽いおつまみ、十割蕎麦の他、冬は鍋などの季節限定メニューまで常時豊富なメニューで味も良いです。

なんと言ってもジョジョかEXILEかというような料理人の男性と、カウンターに立つ女性です。

Kさんには

まぁまぁ気が利いて、まぁまぁ可愛い女性がカウンターに立っている

などと紹介をしたのですが、大抵の女を嫌うわたしがここまで褒めるのですから、まぁまぁ素敵な女性に違いありません。

すみません、可愛いし気も利きます。ごめんなさい。

毎回違う男、違う女を連れていても気が付かないふりをしてくれることでしょう。

ドリンクメニューも豊富なのですが、話に夢中で撮影していません。


Kさんにはいろいろな肩書があり、気が付けばわたしは話を聞いているばっかりで、お酒もなかなか減りません。

わたしは面白い話ができる人間になりたいと常々思っていますが、実際にできるのは下ネタと日本酒のうんちくを語ることだけです。

お通しは肉団子、ちくわの磯部揚げ、揚げ豆腐の梅肉おろしぽん酢です。たぶん。

飲み物はグレープフルーツサワーを注文しました。300円で中を追加出来るので、2杯は呑んでいます。

紬さんは、日本酒ラインナップも素晴らしいのですが、凍った果肉がたっぷりと入ったサワーが美味しいです。わたしはいつもサワーをチェイサーに日本酒を呑んでいますが、最近は付き合いやイベントで日本酒を呑むことが多いので、今回はサワーとビールのみにしました。

日本酒は花陽浴、こんな夜に、ロ万、石鎚、くどき上手、赤武、新政など、他にも辛口で骨格がしっかりとしたタイプも置いています。

サワーが美味しいので是非ぶり子流に、チェイサーにして呑んでください。

紬のレアジフライは人気のお料理です。時間が経って冷めてもサクサクとした衣と鮮度の良いアジで、日本酒にもビールのもサワーにも合いそうです。家に持ち帰って食べたいです。

スモーク盛り合わせは少な目にしていただきました。
初めての来店にオススメですし、わたしも何度かお願いしています。

チーズは温かいうちに食べましょう♪

お刺身はお任せで盛り合わせていただきます。シマアジ、鯛、炙り〆サバ。
どれも良いですが、特に炙り〆サバが美味しかったです。

日本酒が欲しくなりそうなものですが、サワーとKさんのお話で満足してしまいます。

話題は花街のお話から、日本酒蔵元さんのお話しになります。

この後、名掛丁方面の自然派ワインのお店 タンバリン さんで、Mちゃん夫妻と合流する流れになった(した)ので、この日はこちらのメニューでご馳走様でした。



冬が近づいてきて、食べたいなと思い出したメニューも紹介させてください。

あん肝、白子、牡蠣が入ったプリン鍋です。味噌、塩、醤油などから味を選ぶことができます。

酒呑みの好きそうなメニューです。去年3回くらい食べました。

また寒ブリの季節になるとブリのお刺身や白子刺なども美味しいです。

今の季節、もう少し経つと秋は秋刀魚ですね。お刺身は勿論、秋刀魚の幽庵焼きも絶品でした!
秋刀魚が出回るようになったらわたしもまたゆっくり伺いたいと思います。

お酒は20歳になってから。のんべーほど、酒量はほどほどに。