鶏白湯がうまい【らーめん よっちゃん(仮)】人気ラーメン店

【らーめん よっちゃん(仮)】

営業時間:11:30~14:30/17:30~21:30
土日は昼は同じ営業時間、夜は17:00~21:00
定休日 :火曜日・第4月曜
禁煙
カウンターのみ

宮城県仙台市青葉区八幡1-4-26

Twitterでたくさんの写真やレビューが見られます。
メニューや料金のご確認は
ホームページ からどうぞ。

月曜日:男性は麺盛りか味玉サービス
水曜日:女性は麺盛りか味玉サービス


鶏白湯が美味しいと評判のらーめん よっちゃん(仮)ですが、鶏白湯だけではなく、岩下の新生姜白湯というピンク色の期間限定ラーメンやマリンブルーのなんとかいう青い夏季限定らーめんでも話題になっています!

【らーめん よっちゃん(仮)】

(仮)ってなに。

作並街道(国道48号)にあります。
八幡2丁目のバス停からも近いですし、隣に駐車場もあり交通の便は良いです。

メニュー

①ラーメン組っ!仮谷よし子さん


②鶏白湯(味玉入り900円)


③期間限定・岩下の新生姜白湯(900円)
(鶏白湯がベースです)

④マリンブルーの風に抱かれて~2019夏 味玉入り(1000)


強・淡麗R

①ラーメン組っ!仮谷よし子さん

ラーメン組っ!でした。
魔界ラーメン 月光もラーメン組っ!で、【月影魔子】という萌えキャラがいます。


旗には「食べちゃうぞ・・・。何を?ってラーメンの事に決まってんだろ。このスケベ・・・。」というセリフが書かれています。

わたしがこのようなセリフを言うとしたら「食べちゃうぞ!!何を?って、ナニのことに決まってんだろ!!さあ●●、●●●!!」となります。

高橋わな美さんがイラストを手掛け、らーめん よっちゃん(仮)を擬人化したキャラクターは仮谷よし子さんといいます。

仙台を襲撃しに来た鶏の悪魔だがよっちゃん(仮)のラーメンを食べて無気力でゆるい性格になってしまった。と、ラーメン組っ!ホームページに記載されています。

②鶏白湯(味玉入り900円)


店内に入ってすぐ右側に食券販売機があります。

ホームページのメニューにはビールもありましたが、食券販売機には無かったので聞いてみると、今は置いていないようでした。

ずっと食べてみたかった鶏白湯を注文します。味玉入りを選びました。

この日、月曜日は男性は、味玉か麺大盛りが無料でした!

味玉鶏白湯(900円)のトッピングは鶏チャーシュー、豚チャーシュー、スライスした生の長ネギ、アサツキ、モヤシとキャベツを茹でたもの、メンマ、味玉です。

黄色味の強いクリーム色のスープで、盛り付けが綺麗でとっても美味しそうです。

強火で炊いているという鶏ガラスープは、粉砕したのではないかというくらいに鶏ガラと鶏の旨味が濃厚です。

豚のチャーシューはローストポークのように見えます。優しい味わいですが、厚みがあって食べごたえがあります。

野菜の茹で加減が絶妙で、もやしとキャベツの甘味がしっかりと感じられて美味しいです!

炙られた鶏チャーシューはコリコリで親鳥のような食感です。

濃いめに味が染みた玉子は、白身まで柔らかいとろーり卵。

麺はパツパツ切れるストレートの細麺。

卵の風味を感じるカルボナーラのような濃厚スープが、細麺によくからみます。
濃厚なスープの絡んだ麺と、スライスされた生の長ねぎを一緒に食べるとサッパリとした味に変わります。

麺もスープも美味しいです!

残ったスープをのんでいくと、ポタージュスープをのんでいるような錯覚を感じました。
コンソメのような味わいのある、洋風なスープです( ̄¬ ̄)

もたれるかもしれないなと思いながらもスープまで飲み干しました。
胃もたれしそうで、しない濃厚加減です。

岩下の新生姜白湯というメニューを見つけて、鶏白湯とどちらを食べようか悩んでいたのですが、この濃厚な鶏白湯スープに岩下の新生姜を合わせたら、サッパリ感も相まって美味しいだろうなと思いました(^^)d


そこで早速、翌々日に伺います。

③岩下の新生姜白湯(900円)

岩下の新生姜白湯(900円)を食べに来ました。
気合が入りすぎて開店前に着いてしまったのですが、わたしの他にも2人待っていました。

岩下の新生姜ラーメンの食券には親愛なる岩下社長様と書かれています。

わたしは岩下の商品もピンク色も最近コラボしているおそ松さんも大好きなのでTwitterで岩下社長をフォローしたのですが、一瞬でタイムラインが岩下の新生姜だらけになりました。

ピンク色のスープはお花見を連想させます。
ミルキーなピンクで可愛い色です(^ω^)

白い細麺はミルキーなピンク色と相性が良いですね。

盛り付け方と、可愛らしいピンク色で、素直に美味しそうだなと思えました。

トッピングは、岩下の新生姜、鶏と豚のチャーシュー、生のスライス葱、カイワレ大根。


水曜日はレディースデーで、味玉か麺の大盛りサービスなので、味玉をいただきました!

カルボナーラやポタージュスープのような味わいの、鶏ガラの旨味が濃厚な鶏白湯がベースになっているのですが、鶏白湯よりも軽やかになっているように思います。

意外に甘酸っぱいとか、辛いということはなく、さりげなく岩下の新生姜による爽やかさがあり、自然に馴染んで融合しています!

ラーメンとして美味しいと言えます。

トッピングの岩下の新生姜を食べると、軽い歯ざわりと控えめな甘酸っぱさと清涼感のある辛さで、濃厚なラーメンがサッパリとして味の変化が面白いです(o^^o)

鶏白湯にもお漬物として出してほしいと思うほどによく合います。

今自宅でファミマの岩下の新生姜(248円)を食べながらブログ書いてます。

ビールが飲みたくなりますが、お茶でも美味しくいただけるのが良いですね。
親戚が複数人来たときのお茶うけに最高です。必ず誰かが酒を呑み始めてお菓子じゃ呑めないと騒ぐからです。

炙られた鶏チャーシューは今日もコリコリ食感です。

豚のチャーシューは鶏白湯よりも岩下の新生姜白湯の方が合うように思います。

だんだん麺がピンク色に染まっていきます。

いちばん上の麺の画像は出されてすぐに撮影したもので、2枚目、3枚目の麺の画像は少し後に撮影したものです。

美味しく完食しました。
爽やかな汗を冷やして歩く、気持ちの良い帰り道となりました。

ごちそうさまです。


マリンブルーの風に抱かれて~2019夏


ブログを始めてからラーメン店へ行くようになり、おかしなラーメン店や二郎系など数店舗伺いましたが、おかしなメニューでありながら美味しく仕上げてくるのがここ、らーめんよっちゃん(仮)です。


決してイケメン店主だから贔屓しているわけでは御座いません。


と言うことで、残念ながら店主ではなくマリンブルーの風に抱かれてきました。


2019年は、Twitter上にて東京都渋谷区の吉法師@KIPPOSHI21 さんの【鶏清湯 青】とのコラボで話題になっているらーめんよっちゃん(仮)さんの青いラーメン、 【マリンブルーの風に抱かれて~2019夏 】



食券には【マリンブなんちゃら】と照れ隠しのように書いてありますが、お味は如何に♪


塩ベースの澄み切ったブルーのスープは、店主曰く「アゴ出汁をベースにした塩らーめんで、このブルーはドラもんの搾り汁らしい」ということでした。

味玉をトッピングして、1000円。注文を受けてから薄くスライスする豚チャーシュー・スライスネギ・歯ごたえの良いメンマ・ほんのり爽やかな辛味のあるスプラウトがトッピングされています。

麺を引き出すと緑色がかったブルーに染まっていました。『あなた色に染まりたい』そんな意思が感じられる、そうめんとひやむぎの中間ほどの細さの麺は意外にも、もちもちしこしこと歯ごたえのある主張の強い麺でした。


氷入りのよく冷えたスープは、透明感のある爽やかなブルーからは想像できない柔らかで品のある旨味が濃縮されており、麺と一緒にいただくとレアチャーシューからの脂が絡み程好いコッテリ感で、物足りなさはありません。

トッピングの大根おろしとスプラウトの爽やかな辛味でサッパリとしたアクセントが加わります。


味玉の中にはド⚫ミちゃんが入っているという話も聞いていましたが、わたしの味玉は半熟トロトロの味玉でした。

真夏の暑い日にピッタリの冷やしらーめんでした!違う麺も食べてみたいな。



ごちそうさまでした!

またある日は、気になっていた強・淡麗Rをいただいてきました。

④強・淡麗R

ブログを更新するためにも食べていないものを食べたいところなのですが、出来ることならば毎回同じ店で同じメニューを食べたい。
ブロガーには向いていないであろう性格のわたしです。

食券を買う直前まで鶏白湯か岩下の新生姜白湯にしようかと悩みましたが、気になっていた強・淡麗をいただくことにしました。

生の刻み生姜たっぷりです。

柔らかく豚の香りがするスープで、オイルと旨味で思っていたよりも濃厚な味わい。
生姜でサッパリとします。

麺はぷりっぷりの中太多加水麺。

強い縮れの麺で、スープがよく絡みます。
のんびり食べたのですが、のびませんでした。

多加水麺はあまり好きではありませんが、主張の強い麺で、これは美味しいと思いました。

分厚く切られたチャーシューは美味しいですが、それ以上にコリコリ食感のメンマが良かったです。
歯ごたえのあるメンマが好きです。今まで食べた中で1番好みでした。

量はわたしは2杯食べられそうです。


また他のメニューをいただいたら、更新します。