【松美庵】まさか近所にうまい蕎麦屋があったとは

仙台 ぶり子

管理人のぶり子は秋田出身・仙台在住の37才。
お酒と刺身が大好きです!

地域情報はコロナなどの影響で変更があるかもしれないので、SNSや公式HPのリンクから最新情報をご確認ください♪

更新はTwitterでお知らせ!
ぶり子
ぶり子

どーも!呑み過ぎで内臓が心配なぶり子です!
仙台ぶり子Twitter

今まで飲み会で街中へ出ることが多かったのですが、コロナ禍でそのような機会がなくなり、その生活にも慣れてきたところ。

近所にコンビニ行く感覚でふらっとひとりで行けるいい店ないかなぁ。。

Googlemapを眺めていると、前から『こんなところにある蕎麦屋、たいしたことないだろう~』なんて通り過ぎていたお店、口コミを読んでみると他県から通い続けている人もいるようだ。

ここ、穴場なんじゃね。目立たないふっつーの蕎麦屋さんに見えるけど、実は美味しい店なんじゃね?10分後に開店か・・・

わたしはドすっぴんのまま財布とスマホだけ持ってその蕎麦屋へ向かいました。

諭吉財布は1000円くらいで買えます。
楽天市場で諭吉/ヤフーで諭吉/Amazonで諭吉

大崎八幡宮近く!松美庵本店の店舗情報

松美庵本店さんは、東北福祉大前駅からは徒歩10分くらい、大崎八幡宮からはもっと近いかもしれない。

松美庵本店
営業時間 11:00~19:30
定休日  火曜日
駐車場は道路挟んで向かい側に4台
宮城県仙台市青葉区国見2丁目8−6
022-271-5570

松美庵本店とあるので他にも店舗があるのか調べたところ、北山駅から徒歩約10分、荒町小学校のそばに松美庵本店とメニューの共通店が多くお蕎麦の見た目もそっくりな『松美庵』を見つけました。

でも、そちらは2018年12月31日に閉店。創業50年と、長く地域の人々に愛されてきたお店だったよう。

本店の方は何年目か確認することはできませんでしたが、30年、40年と通い続けている人もいるのでこちらも創業50年くらいになるのかもしれません。

松美庵本店の店内のようす

店構えは町のお蕎麦屋さんという雰囲気で、気楽に入りやすいお店。

中に入るとけっこう広くて、琴の音色のBGMが流れる落ち着いた空間。

女将さんらしき人が迎えてくれました。

席への案内はなく、自分で好きなところを選べるようなので一番奥のテーブル席に座ることに。

席は4人掛けのテーブルが4卓と、小上がりが5人掛けで2卓。

座るとすぐに温かいお茶が運ばれてきました。

松美庵本店のメニュー

お蕎麦屋さんとしては豊富なメニューで、お蕎麦のほかにうどんとごはんものもあります。

お蕎麦は1番安いもので、かけ550円、高いものでは天ざるそば1,200円と、仙台のお蕎麦屋さんとしてはリーズナブルなお値段。

麺類は、鴨南蛮、けんちん風の松美庵、カレー、天とじ、山かけ、にしん、天ぷら、親子、あんかけ、力うどん、かき玉、わかめ、山菜、五目、柏南蛮、肉南蛮、玉子とじ、月見、きつね、たぬきと、バリエーション豊富です。

ミニねぎとろ(450円)、ミニ牛丼(400円)、おにぎり(350円)、いなり(350円)など、お蕎麦とセットで食べるのにピッタリのちょい足しごはんものメニューがあるもの嬉しい。

松美庵は美味しい?お蕎麦の味は

にしん、あんかけ、山かけなんかは、ほかのお蕎麦屋さんではあまり見かけないメニューですよね。

にしんもイイかなと思ったけど。。

事前の調査(?)で、冷しとろろそばのトロロの量が多いとあったので、大好きなとろろ蕎麦と、大好きなねぎとろ丼を頼んで、やまかけねぎとろ丼をつくる作戦。

めっちゃ呑めるじゃん・・・

ということで、まずはわたし的定番の昼ビール。

松美庵のビールは黒ラベルの瓶ビールで、お新香付き。

琴の音のBGMもあって、なんだかお正月の昼酒っぽくて贅沢な気分。

冷しとろろとミニねぎとろは同時に運ばれてきました。

すり鉢にたっぷりのトロロと、お蕎麦は海苔ありと海苔なしに分かれています。薬味はわさびとねぎ。

メニューに自家謹製とあったお蕎麦は白く透き通った更科で、ひやむぎくらいの太さ。

ほんとう、すごくキレイなお蕎麦。

ミニねぎとろは、お茶碗一杯分のごはんにのりとねぎとろ。

冷しとろろそばのお味

まずは薬味もとろろもなしで、お蕎麦をいただきまーす。

これは・・・!

予想以上のおいしさ。つるつるもちっとコシがあって、喉ごしの良いお蕎麦。えー、こんなにおいしかったのここのお蕎麦。

一見ひやむぎのように見えるんだけど、しっかりコシの強いお蕎麦。

つゆはカツオ出汁なのかな。ふわっと香る。お蕎麦とのバランスが良く、上品だけど家庭的で柔らかい味わいのつゆ。

口コミに温かいお蕎麦がおいしいとか、おすすめというのがいくつかあったけど、これよりもおいしくなっちゃうの??

それにしてもこのトロロ蕎麦。どうやって食べるのが正解なんだろう・・・

ググってみたけど、特に決まった食べ方(マナー)はないようなので、まずはつゆを入れてみることにした。

しかしですよ、見て分かる通り、松美庵の蕎麦つゆはどちらかというと塩味の柔らかいつゆなんですよ。

で、食べてみると・・・

うわナニコレめっちゃ贅沢。うっま。

トロロのおいしさを贅沢に感じられる味わい。うっま。

海苔なしと海苔ありも思った以上に香りや味わいが違って2度おいしい。

で、ですよ、今度はトロロからの~つゆへダイブ!

こちらはつゆの味もしっかり感じられて、ビールがススム。

どちらもおいしい・・・

せっかくのおいしい麺!丼は後にして、まずはお蕎麦を完食することに。

最後のひと口はこんな感じで・・・

あぁ、贅沢。

ミニねぎとろのお味

さてさてミニねぎとろは・・・

まずはわさび醤油をかけて。

お!ごはんおいしいね。加減の良い白ごはんに、ふんわりのねぎとろ。

ねぎとろも文句なし、満足な量♪

ここに・・・

贅沢にトロロ全かけ!!

わさびとトロロの相性も最高ですよね~!

あ~昼からすっごく贅沢な昼ビールしてる。最高。

最後は蕎麦湯。1番最初の蕎麦湯だったからか、ほぼ透明なんだけど

残ったつゆに入れて飲んでみると、つゆの出汁の香りがふわっと花開くように立つ。

蕎麦湯に出汁入ってるのか確認しちゃったよ!

つゆも蕎麦湯も、最後の一滴までおいしくいただきました。というか飲み干さずにはいられなかった・・・

途中、「久しぶりに来たけど、やっぱりおいしいな~!おいしかった!ごちそうさん!」と、満面の笑顔で帰って行く人や、「ここの蕎麦、おいしいんだよ~。オレここの蕎麦好きなんだよ~」と言って職場の仲間と食べにくる人がいたりして、とっても良い雰囲気。

うーん、近くにこんなに良いお蕎麦屋さんがあったとは・・・