湯沢市【オランダ焼き 高市青果店】秋田の人気B級グルメ

高市青果店

営業時間 9:00~17:00

湯沢市表町1丁目1-28
0183-73-2623

公式ホームページ

秋田県は横手市の横手焼きそばが有名ですが、お隣の湯沢市にも、湯沢市民からは勿論、秋田県民からも愛されているソウルフード・B級グルメがあります。

ふわふわの甘いパンケーキのような生地に、マヨネーズとハムを挟んで100円の、素朴なおやつ。

高市青果店

高市青果店は湯沢の街中にあって、湯沢駅からも歩いてすぐのところにあります。

この日は近くの長寿軒で昼食をとり、ビフレというスーパーでお土産を購入した後に寄りました。


青果店とありますが、果物は販売していません。
ばななてん、さつまてんという名のアメリカンドッグの生地をつけて揚げたバナナとさつまいも、一般的な大判焼きの他、普通のたい焼きは無いというのにお好みたいやきというものが存在し、オランダ焼きという有名な大判焼きがあります。

テレビの取材なども来るくらいに
秋田県内では、本当に有名なお店です。


このオランダ焼きは、長寿軒のラーメンと同じくらいに地元民から愛されているソウルフードです。観光目的で行かれる方は、わたしのように長寿軒のラーメンを普通盛で食べてから食後のデザートにいただくか、近くを通るときには寄って食べましょう。

塩レモン味・・・??

わたしはお好みたいやきも好きです。たいやきの中に、お好み焼きが入っています。

この日はイタリア焼きという大判焼きもあったので、イタリア焼きとオランダ焼きをいただきました。観光客が増えたためか、休日に合わせて限定の大判焼きをつくり始めたようです。

普通、イタリア焼きといったらチーズとウインナーとケチャップが入っているのだろうなどと想像しますが、さすが高市青果店。伊達に30年以上も前から大判焼きにハムとマヨネーズを入れていません。

イタリア焼きの中身は、トマト・ピーマン・ハム・マヨネーズ。そして何故か、スイートチリソースが入っています。

オランダ焼きにオランダ要素がないように、イタリア焼きはエスニックです。

8月はカレー風味のインド焼きということで、カレーとマヨネーズのハーモニーに、何をぶち込んでくれるのだろうかと気になります。

オランダ焼きの生地はパンケーキのようにふわふわしっとりとしていて甘いので、普通であれば『カスタードクリームとバナナ、チョコレートなどを入れたら小さなパンケーキのようで美味しいだろう』などと考えるところだと思いますが、それでは高市青果のセンスではなく、ここまで有名になることも無かったでしょう。


そう言えば秋田には学生調理という惣菜パンが存在し、パンにナポリタン・魚肉ソーセージ・ポテサラを挟んだものが人気です。
ポテサラや玉子、牛乳とみかんなど、なんでも寒天で固める文化があるように、パンにはおかずの文化がオランダ焼きを生み出したのかもしれません。

ちなみに、寒天で固めた何かを購入したい方は、湯沢にあるバザールというスーパーがおすすめです。笑えるほど安い商品があったり、寒天は惣菜コーナーに常時数種類、ポテサラ寒天はレギュラーメニューです。

冷凍庫の中には小さなソフトクリームが凍っていますが、種類豊富なかき氷の他、宇治・金時・黒みつ・バニラにトッピングもありと、ソフトクリームメニューも豊富です。

店内奥にはテレビ付きの食堂のような空間でテーブル席があり、子供たちがゲームをしていたり、おじさんがひとりで座っていたりします。


オランダ焼きは常備されているため常温での購入になると思いますが、温もりを感じる不思議な生地で、冷めていても美味しいのでお土産にもおすすめです。湯沢に行かれる際には是非寄ってオランダ焼きを食べてみてくださいね。