仙台駅東口 大衆すし酒場 不二子

仙台 ぶり子

秋田出身・仙台在住の36才。
高校生と小学生の2児の母で日本酒が趣味です。日々頑張らないように頑張ってます。

情報は投稿日or更新日のものです。

わたしの極度の忘れっぽさと注意欠陥&コロナなどの影響で店舗さんでも変更もあるかもなので

営業時間、住所などの最新&詳細な情報はSNSや公式HPのリンクからご確認ください♪

更新はTwitterでお知らせ!

大衆すし酒場 不二子

営業時間 11:30〜14:00
     17:30〜23:30
不定休
カード可

仙台市宮城野区榴岡4-3-25
022-296-0255

Facebookページはこちら!

仙台駅東口からのんびり歩いて徒歩5分~10分。繁華街から離れた隠れ家的なところにひっそりと。雰囲気の良いお店を見つけました。


大衆すし酒場 不二子

厨房を囲むL字型の大きなカウンターテーブルと、奥には2人がけと4人がけのテーブル席。2階にもお席があり、オペレーションなどが落ち着き次第開放するそうです。


伺ったのは平日水曜日の19時半。仕事帰りの男性客で賑わっています。
この時いらっしゃったお客さんの年齢層は30代以上で、女性客はわたしひとりです。


2名で来店したわたしたちはカウンター席に案内していただきました。コートをかけて、席下のかごにカバンを入れます。

事前に友人のMちゃんから聞いていたのであまり驚くことはありませんでしたが、日本酒は流行りものをおさえながらも食事(特に魚料理)に寄り添うものばかりで、わたしの目にはバランスもセンスも良いラインナップと感じられます。

価格は一合一律800円とわかりやすく、特別本醸造から純米大吟醸まで揃っています。金額は大衆酒場価格とは感じられません。個人営業の普通の居酒屋さんと同じくらいです。

他にドリンクメニューはハイボール290円、生搾りレモンサワーなどサワー類が390円と大衆酒場らしい低価格です。

大衆すし酒場ということで『お寿司をつまみながら日本酒を』と思って来たのですが、メニュー表に書いてあるお寿司は巻物のみで、トロタク、高菜明太マヨ、マグロ中落ちしかありません。

他にはないのだろうかと辺りを見渡してみると、カウンター上の壁掛けメニューに1貫85円~200円台の握り寿司数種類と、おまかせ寿司8貫1280円とあります。おまかせ寿司は当日あるネタから、好きなネタを入れたり苦手なネタをのぞくなど相談に乗ってくれるそうです。

今回は、やきとん大国でもご馳走してくれた親分の奢りです。やきとん大国で呑んでいるときに、次は不二子へという話になったのです。先週はやきとん大国、今週は大衆すし酒場 不二子、週末はわたし主催のSAKE友イベントへの参加。次はタイ料理を食べに行こうと言っています。

どうやら彼はわたしのスポンサーです

お通しはきのこのアヒージョでしょうか。ニンニクとオリーブオイルの香り豊かです。


1杯目に選んだドリンクは、なかなかお目にかかれない磯自慢。それから気になっていた田中六五をいただきます。

磯自慢 特別本醸造は、普通の本醸造では精米歩合70%以下のところを精米歩合60%以下に磨き、酒米の王様山田錦の特等を使用した気合の入った本醸造酒です。穏やかで上品な香りでスッキリとした辛口。

田中六五はふくよかで、甘味と旨味のある味わい。こちらのほうが好みですが、磯自慢のほうが魚料理には合うようです。

大衆すし酒場不二子のオススメ魚串5本セット(1180円)は、皮面にパリッと焼き目を入れた焼魚の串もので、骨がなく食べやすいので気楽につまめます。

オススメ商品にするほど旨いとは思いませんでしたが、食べやすいのが良いです。

言っておきますがわたしは魚を綺麗に食べられないような小娘ではありません。頭からバリバリ食います。

「この魚は何かな~」と言いながらパクパク食べると会話も盛り上がります。

どれくらい盛り上がったのかというと「きっこうちゃんは亀甲縛りではなく、菱縄縛りではないのか」と熱く語り合うくらいです。

遠慮せずにどんどん酒を注文します。澤屋まつもとの純米酒と賀茂金秀の特別純米です。

澤屋まつもとは守破離のイメージが強く、ガス感ピチピチの今時のお酒かと期待して注文したのですが、意外にも自分が思う昔ながらの純米酒という味わいで少しがっかりしたのですが、料理に良く合って賀茂金秀よりも呑みました。

そのせいか、賀茂金秀は普通に美味しい今時の酒という印象しかありません。

牡蠣の佃煮とクリームチーズ(480円)
おつまみ穴子(580円)

牡蠣の佃煮とクリームチーズを一緒に食べたのは初めてですが、合わせて食べると甘じょっぱい牡蠣の佃煮にクリームチーズの酸とクリーミーさが加わり、新しい美味しさの発見でした。

おつまみ穴子はソースが見た目にも美しく、甘めのタレでお酒がすすみます。ちょっと身が薄いですが大衆酒場の穴子ならこんなもんかという感じです。

添えてあるきゅうりとゴマもさっぱり感と香ばしさが加わりピッタリです。

まだ呑みます

お刺身盛り合わせ(1人前980円、2人前1960円)
うなぎ肝串(1串280円)

お刺身盛り合わせは、鮮度の良いお刺身を少量ずつ多種類いただけるのが嬉しいです。
初めて食べたうなぎ肝串はふわふわ食感。うなぎの脂とほんのりと感じられる苦味に甘辛タレがたっぷり絡んでいて、本気で酒がすすみます。これが一番気に入りました。ボリューム満点で1串280円とは思えません。

ガチで呑めます。

呑むと食欲が増して、始めに「うーん、とりあえず、魚串??」などと言っていたわたしが絶好調で注文し始めたので、親分が「まだ呑むの!??」と褒めてくれます。

寿司には墨廼江でしょう!!

トロタク(480円)
ぼたん海老(280円)
子持ち昆布(120円)

固めに炊かれた赤酢のシャリで、握りの加減が良くなかなか美味しいです。

特にトロタクの海苔の香りと具材のバランスが良く気に入りました。480円という価格も魅力的。次も注文したいです。パクパク食べちゃいますね~!

子持ち昆布は、この価格で子持ち昆布をいただけるならというお味です。

ジャンボシュウマイ(1個280円)
キリン一番搾り生ビール(490円)

思わず生ビールを注文。シュウマイにビールがよく合います。

せいろで蒸したばかりのシュウマイはふっくらジューシー。テレビなどで何度も紹介されているミートショップ伊藤の人気商品ジャンボシュウマイなのだそうです。東京都世田谷の精肉店ということで初対面!1個70g以上で食べ応えがあります。

〆にスミイカとぶりの握りを注文。握りは形もキレイですよね。せっかくのすし酒場なので、ぜひお寿司を召し上がってくださいね!1貫から、気軽に注文できます。


そうそう、11時半からランチ営業もしています。900円前後の焼魚定食や1800円の海鮮丼などがありますよ~!

Facebookページはこちら!

そうそう、東口はこちらのお店もおすすめです!

うーん、たらふく呑んだ。さぁ2次会だ。

「まだ食うの~!?」

という親分を連れて、仙台出身の皆さんお馴染みのラーメン店【仙台っ子】へ向かうのでした。

お酒は20歳になってから。のんべーほど酒量はほどほどに。