岩手【種山高原星座の森】オートキャンプ場行ってきた

種山高原星座の森

オートフリーサイト
ひとり300円(幼児無料)

カーサイト
1区画3000円

岩手県奥州市江刺米里字 大畑66-21
0197-38-2366

公式ホームページ


暖かい季節の流星群が始まると、行ってみたいなと思い出すキャンプ場があります。

宮沢賢治が愛し、いくつもの物語りを残したといわれる種山高原です。

今年の夏、初めて行ってきました。


種山高原 星座の森

チェックイン12時、チェックアウト11時半と長い滞在時間で、予約不要のオートフリーサイトの宿泊は幼児無料のひとり300円、カーサイトは3000円と安価。コテージ・薬草風呂・ドッグラン・レストランなど充実の設備です。

コテージのある敷地に立つ管理棟内には、レストランの他に薬草風呂と売店、お手洗いがあり、本棚には宮沢賢治が種山高原をモデルに執筆したという風の又三郎や星のカービーの漫画本と絵本などが並んでいます。小学生が喜びそうなものが多いです。

蚊取り線香が足りなかったので買い足そうと思いましたが、虫よけはミストスプレーのみの販売でした。売店は品揃えが悪いので、キャンプ場へ来る前にしっかりと準備をしておきましょう。


レストランは10時から15時までと、お昼の時間帯のみの営業です。


平泉前沢インター近くのイオンに寄ってきましたが食材の品揃えが良く、牛乳瓶入りの生うにもありました。このイオンのすぐそばには、前沢牛の販売店とレストラン【前沢牛オガタ】という有名前沢牛店もあります。

前沢牛オガタはこちら

入浴料200円の薬草風呂が楽しみだったのですが、この日は水が少ないということで入浴不可、サウナは故障中でした。

この場内の水道は全て湧水に頼っているそうで、時々このようなことがあるようです。
お風呂には温水シャワーもあります。シャンプーなどはなく、売店で販売されていました。


お手洗いは管理棟が1番キレイです。

管理棟前がコテージサイトになっています。右手にはカーサイト。

この日は8月13日でした。フリーサイトに宿泊するつもりで来たのですが、あまりの人の多さとカーサイトの広々とした様子が気に入って、カーサイトに宿泊することにしました。

1台分のキャンセルが出たばかりだったようです。

炊事棟の横のサイトはお手洗いからは少し離れますが、後ろが広々とした高原なので気持ちが良さそうです。

イオンで買い物をしている時には雨が降ったりやんだりしていましたが、このくらいの雲ならペルセウス座流星群も見えるかもと期待が持てます。

風の又三郎像!!

人のブログなどでさんざん見ていましたが、ようやく生・風の又三郎像を見ることが出来て嬉しいです。風の又三郎像を見る限りでは、ここはきっと風が強いところなのでしょう。

炊事棟にはスポンジなどが置かれていました。

水不足のため、節水にご協力ください。

と貼り紙がされています。
アブかブヨがブンブン飛び回っていてかなり怖い炊事棟です。

わたしは怖くてここには長時間いられません。逃げるように炊事棟を出ました。

今回宿泊するのはC-8.奥の方にはドッグランがあり、隣のC-7の横にお手洗いがあります。

このお手洗い、入口に扉が付いていないので夜には虫のアジトになるのではないかと思ったのですが、それほどでもありませんでした。他のキャンプ場と大差ありません。


芝生には乗り上げ禁止だろうと気を遣っていましたが、乗り上げ禁止とも言われていませんし、隣の人は乗り上げていました。

とにかくブヨが多いです。虫よけをしっかりするなど対策をしないと、怖くてのんびりできません。虫の少ない吹上高原キャンプ場になれてしまっているので落ち着きません。

しかも電波がありません。

ブログ更新もTwitterもまともにできない環境です。

近くに【歴史公園えさし藤原の郷】という平安時代の歴史テーマパークでイベントが行われているようで、パンフレットが置かれていました。

歴史公園えさし藤原の郷公式ホームページ

凄く暑い日なのですが、カツオの刺身とホヤで取りあえず1杯。

腐りはしないかと心配になりますが、火をおこす前や夕飯の前にはこうして簡単につまめるものが有難いです。


風の又三郎像の周りで子供たちが水鉄砲をして遊んでいます。

あんまりブヨが多くて安心して食べられないのでスクリーンタープ内へ逃げ込みました。

開放的なのが好きなので、明るい時間に入るのは珍しいです。
蚊取り線香が残り少ないので、明るいうちはスクリーンタープのみで凌いで夜のために残しておく作戦です・・・

奥に見えるのがお手洗いです。

卓上の炭火コンロで焼く気でブリカマなどを買ってきたのですが、気が付いたら炉端大将で焼いていました。

美味しい。


肝心の星ですが、見えませんでした・・・

夜の遅い時間は霧もかかるのか、深夜よりも星が出たばかりの時間の方がよく見えていました。

宿泊したC-8番から見た朝の景色です。

向こう側にコテージが見えます。霧が厚いです。


次に、このキャンプ場に来るとしたら、5月でしょうか。虫が出る前、雪解け水が豊富な時期が気持ちよく過ごせそうです。

この日は、ここからすぐ近くの道の駅 種山ヶ原 ぽらんに寄ってみました。地元の野菜や果物が安価で販売されていて、自宅用のお土産購入にもオススメです。

道の駅ぽらん公式ホームページ