【鮨 しらはた】塩竈本店行ってきた

鮨 しらはた

月曜日~金曜日 11時00分~15時00分
        16時30分~22時00分
土・日曜日   11時00分~22時00分

定休日火曜日

カード可

駐車場10台

1階 カウンター 12席(禁煙)、個室1部屋(7名様)
2階 カウンター 6席、テーブル8席、お座敷14席

宮城県塩竈市海岸通2-10
022-364-2221

公式ホームページ

宮城・塩竈の有名寿司店と言えば、【すし哲】【しらはた】【亀喜寿司】です。



今回ご紹介するのは、本塩釜駅から徒歩ですぐのところにある有名寿司店。
先日紹介した、【ひょうたん】の斜め向かいにあります。


鮨 しらはた

また食べたい。ブログで紹介したいという思いから、今年2回目の来店です。同じ時間帯に同じメニューをいただいてきたので、前回撮影した写真を含めて下ネタも笑いもなく淡々と書いていきます。

観光客向けの記事です。

店内は1階がカウンターと、奥に小上がりの個室があり、2階はカウンターの他にテーブル席とお座敷があります。

2回共に2名・予約なしでお昼の時間帯に訪問しましたが、待ち時間なくカウンターへ通していただきました。

隣の寿司店が他県でも名高い【すし哲】ということもあって、『満席ならすし哲に行こう。どちらも有名人気店だし、間違いない』と考えられる気楽さが良いです。

他県からいらっしゃる方は、予約すると安心して旅行を楽しむことができるでしょう。しらはたは予約可能です。


ほーら、どうだい。観光客向けっぽいだろう。

初来店時は上の写真の眼鏡の方が親方だと思っていたのですが、どうやらこの方は息子さんのようです。
一昨日訪問したときに、『親方、この2か月で随分老け込んでしまったな』と思ったのですが、今こうして写真を見てみると、老け込んだというレベルではありません。

おじいちゃんとお父さんほどの年の差を感じます。

と言うことで、初来店時は息子さん、2回目は親方の握りということになります。

観光地と言っても良いような有名人気店ですが、握りは中にぎりが1600円から、1番高値のおまかせにぎりでも4200円と、観光地やお祭り価格にありがちなボッタくりではないお手頃価格に好感が持てます。


お子様連れであっても、まぐろ握り(2500円)、マンボ巻(2500円)、きゅうり巻(250円)、納豆巻(250円)など、お子様にも食べやすいメニューの記載があるので入りやすいのではないでしょうか。巻物は1本から注文できます。一昨日は、たらこ巻もありました。

日本酒は、ドリンクメニューには載っていない季節限定酒も両日2種類ありました。
季節限定メニューは壁に貼ってあるので当日ご確認ください。

一昨日は阿部勘と一ノ蔵の夏酒があったので、阿部勘の夏酒をいただきます。ボトルは確認できませんでしたが、金魚のラベルのものです。

ギバサ・わかめ・赤麩・タコなどを醤油味で和えたものがお通しです。

穴子の蒲焼(1680円)
身が厚くて脂の乗った穴子はいやなところがなく、ふっかふかで柔らか~な身の美味しさを引き立てるサラッとした甘辛のタレの味も良いです。

これ旨いなぁ。

もう何年も前に食べた青森の一八寿司の焼き穴子が美味しかったのがきっかけで、色々なところで食べるようになったのですが、美味しいと思える穴子に出会うことはほとんどありません。

2か月前のお通しは塩辛。日本酒は、浦霞の春酣をいただいていました。

この時は、ミセス日本グランプリファイナリストである意識高い系美女とふたり遠足をした日で、【浦霞 酒ギャラリー】の記事ネタを仕込んだ帰りでした。


前回、大葉とゴマの入ったきゅうり巻が美味しかったので、今回もきゅうり巻が入る中にぎり(1600円)をお願いしました。


玉子・とびっこ・車えび・すずき・まぐろ・ずわい蟹・ほたて・きゅうり巻・鉄火巻・いくらの10種類あります。

後に出てくる2か月前にいただいた中にぎりと比べてみるとわかるのですが、軍艦は写真からもわかるくらいに形が違います。上の写真の軍艦は、若い板さんがにぎったものです。


しらはたのシャリは炊き方が硬めで、親方と息子さんのにぎりは細長い楕円でキレイな形をしていますが、若い板さんが握ったものは四角く緩いように見えます。とは言っても、充分に美味しいです。

親方がにぎっても、団子のようなにぎりが出てくる寿司店はたくさんあります。

この日の赤身は酸味と旨味の強いまぐろです。

すずきは甘味と上品な旨味があり、脂はほんのりしっとりと回っています。シャリとの相性も良く旨いです。すずきが旨いと思ったのは、初めてです。鯛よりも好きだ。ほんと旨かった。


ほたては甘味が強いだけでなく、鮮度の良さもうかがえる歯ごたえがあります。

えび・かには食べていません。

上の画像、初来店時の中にぎりは赤身のまぐろに感動したのを覚えています。とても美味しかったです。

にぎりは息子さんが全てにぎっていたように思います。初日のシャリの方が、水加減なども良かったように思います。きゅうり巻・鉄火巻も美味しかったです。

一昨日の特上にぎりです。
とろと、中とろでしょうか。他に、たまご、穴子・子持ち昆布・すずき・ほたて・あわび・えび・うに・いくらの11種類です。


この日はトトロと一緒に来ていました。


何を食べてもめったに褒めないのですが、悪いところは言うトトロは、帰りに運転をしながらこう言っていました。


「トロとトロだったのか、中トロとトロなのかはわからないけど、臭みを感じた。美味しいと思わなかった」

トトロはマグロが好きではないので、まぐろに対して厳しいと思います。


穴子・ほたて・えびが旨かったそうです。

子持ち昆布ぽりぽり。

うには今が旬です。見た目には粒の立ちがいまいちで少々溶けていますが、まったりとした甘さとほのかな磯の香りで、口の中がとろとろです。

「うに、完・璧・・・」

座りながら小躍りするほど文句なしに旨いうになのですが、シャリとの調和がいまいちです。

上にぎり(2800円)

特上を食べていたと思っていたのですが、ネタが違いますね。

まぐろは赤身と、中とろでしょうか。えび・すずき・ほたて・いくら・うに・鉄火巻の9種類です。この時も、うにをわけてもらっていたと思います。あとはえびです。


一緒に食事をした方は美容はもちろん、食へのこだわりも強い方で、美味しいものをたくさん知っている方です。

「美味しいね~美味しいね~」

とニコニコ召し上がっていらっしゃったのが印象的でした。

美味しい美味しいと言いながら飯を食う女はモテますが、彼女も例外ではなく、モテる女性です。

初来店時は平日だったからか、えびの頭が入ったお吸い物が付いてきました。
一昨日、土曜日は、お味噌汁をいただきました。

わたしは阿部勘の夏酒を呑んだ後に、阿部勘の亀の尾をいただいていましたが、同行したトトロは昼酒はしない主義なので、どんぶりのように大きなすり鉢に入った毛がにの味噌汁(450円)を注文していました。

少しわけてもらいましたが、臭みはなく、かにの旨味が溶けだし出汁の旨味の甘さが広がる優しい味わいのお味噌汁です。

かには剥きやすいように小さく切っていただきました。「出汁として使ったものなので旨味は抜けてしまっていますが、よろしければ」とおっしゃっていました。


しらはたのカウンターは、会話が楽しく、居心地が良いです。

気さくでも失礼なところがなく、お寿司屋さんならではの楽しい話題を提供してくださいます。
良い接客を心掛けていることが感じられます。良いお店です。

ただ、親方がガッシャンガッシャンと大きな音をたてて大皿を重ねていくのが気になりました。
重いでしょうし、若くはないので仕方が無いかなとも思いますが、わたしが写真を撮るので嫌な気分にさせてしまっただろうかと考えていました。(写真を撮るのは許可を得ています)


毛がにのお味噌汁には、にんじんときゃべつが入っていたそうで、「かにとねぎだけで良かったのに」と、トトロは言っていました。

わたしもきっと、そう言うでしょう。

いわしのにぎりと、あじのにぎりを単品注文しました。1貫300円程です。

いわしはこの季節は脂乗りが良いですが、しつこい脂ではありませんでした。
薬味の生姜の爽やかもあって美味しいです。

あじも脂が乗って、しっとりとした舌触りでとても美味しいです。

この日は、穴子の蒲焼、すずき、ほたて、あじが特に美味しかったです。

最後に、今が旬のメロンのシャーベットをいただきます。

このシャーベット美味しいんですよね。果実の味わいそのままの甘すぎずサッパリとしてくどくない手作りシャーベットです。前回来たときは、息子さんがつくっていると言っていました。

2か月前はいちごの季節で、いちごのシャーベットをいただきました。
こちらも美味しかったです。



お腹いっぱい食べたいものを食べて、日本酒を2合呑んで、ふたりで1万円ちょっとでした。
美味しいスイーツまで付いて、大満足です。

次は隣の【すし哲】さんに伺いたいと思います。

お酒は20歳になってから。のんべーほど、酒量はほどほどに。