鶴岡【庄内観光物産館】庄内土産が何でも揃う!

庄内観光物産館 ふるさと本舗

年中無休
営業時間 9:00~18:00

住所:山形県鶴岡市布目字中通80-1
tel :0235-25-5111

庄内観光物産館のHPは
こちら

旅行先では地酒を買いたい!

買った地酒はその土地の肴と共に自宅でのんびり飲みたい!

釣りも観光もキャンプもしたい温泉入りたいあれしたいこれもしたい時間が足りなーーーい!!

という欲張りなぶり子が愛してやまない物産館を紹介します。


『庄内観光物産館 ふるさと本舗』


場所は鶴岡インターのすぐ近くです!

ここへ行けば庄内のものがだいたい揃います。

鮮魚に日本酒、ワインや果物。お土産の種類は道の駅に負けません

むしろ勝っています。

しかも新たに酒田の有名ラーメン店『ワンタンメンの満月』と、酒田市民市場の二階にある行列のできる人気店『海鮮どんや とびしま』が入っていました。

さかた 海鮮市場に本店がある『海鮮どんや とびしま』ではコスパの良い舟盛り膳、次に刺身定食が人気です。


今回は酒田の人気店ラーメン店『ワンタンメンの満月』で昼食をとることにしました。

わたしは人気の醤油味のワンタンメンを注文しました。

澄んだスープです。
鶏ガラとアゴ出汁(トビウオの出汁)、煮干しがきいていて、少々エグ味を感じます。


麺は中細で白っぽい縮れ麺。
スープの味は少しだけ薄目です。


ワンタンが極薄トロトロで美味しいです。

わたし、このワンタンには塩ラーメンの方が合うんじゃないかなと思います。
塩ラーメンも少しいただきましたが、鶏ガラの出汁がきいていて美味しいです。

食事を済ませて、つぎは『魚市場』へむかいます。

大きな青森県産の寒鱈!

秋田県産ハタハタ。安いです!

産地をガン無視した鮮魚が並んでいます。

写真を撮っていないだけで庄内浜の魚も売っていました。

この日気になったのは活サザエです。夏だけだと思っていましたが、冬でも売っているのですね。
鮮魚だけでなく干物なども並んでいます。

わたしは夏の『魚市場』が一番好きです。

夏は地場産の魚介類が豊富です。
何より楽しみなのが、

新鮮で大きな岩牡蠣。

ツブやサザエ、大きめの天然真鯛もよく購入します。

庄内の岩牡蠣は、濃厚でクリーミーです。
この辺りでは、秋田の象潟産の岩牡蠣も有名ですが、庄内産の岩牡蠣と比べるとサッパリしています。

馬刺しは新庄の『マルリン』という肉屋で購入したものです。新庄方面を通るときには必ず立ち寄ります。ここの馬刺しは旨いです。

『魚市場』の隣には広いお土産屋さんがあります。

わたしが自宅用によく買うのは、赤カブや粕漬けなどのお漬物、蔵王のクリームチーズとクラッカーなどおつまみになりそうなものと日本酒。

それからチヂミの粉と梅ちゃんのタレ。

梅ちゃんのタレ旨いです。来ると必ず買います。

チヂミの粉で
モチモチパリッと焼いたチヂミに
甘旨辛い梅ちゃんのタレをかけて
ビールを飲む

至福

日本酒やワインもここで購入するのがオススメです。

季節限定酒など種類もサイズも豊富で、日本酒を目当てに酒屋巡りをするわたしでも呑んでみたくなるお酒が置いてあります。

写真は一部です。

日にもよるのかもしれませんが、わたしが伺うときにはいつもどこかの蔵元さんがいらっしゃって、試飲することができます。

この日は鯉川でした。スッキリとした亀の尾の純米吟醸を試飲させていただきました。
鯉川は鉄人うす濁り酒を購入しました。

日本酒に夢中でワインを見るのを忘れてしまいました。

帰り際に出入り口付近にあるジェラート屋さんに寄ります。
わたしは、せっかく山形なんだからと、いつもだだちゃ豆ジェラートを食べています。
香りも味わいも、まめまめしいです。
粒が残っているので食感もあり、とにかく豆の主張が強いです。

ジェラートの後ろの鍋は、玉こんにゃくです。

ここに来るだけで観光した気分になる大きなお土産屋さんです。庄内へ観光の際は立ち寄ってみてくださいね!

お酒は20歳になってから。のんべーほど酒量はほどほどに。