高湯温泉「花月ハイランドホテル」日帰入浴22時まで!子連れにおすすめ

仙台 ぶり子

管理人のぶり子は秋田出身・仙台在住の38才。
お酒と刺身が大好きです!

メニュー、営業時間、価格などは取材時または投稿日のものがほとんどです。最新情報はSNSや公式HPのリンクからご確認ください♪

更新のお知らせはTwitterで。フォローよろしくお願いします♪

更新はTwitterでお知らせ!

こんにちは。

温泉上りのビールが大好きな「仙台ぶり子」です。

わたしと高湯温泉との付き合いはかれこれ15年ほどになります。

鄙びた系温泉好きのため「ハーン?わざわざ高湯まで行って大きなホテル(花月ハイランドホテル)はちょっとぉ…同じホテルなら、茅葺屋根の湯小屋がある 玉子湯 の方が良くな~い?」という感じで全く見向きもしなかった自分。

全力でぶん殴りたい。

今日はそんなお話をしたいと思います。

花月ハイランドは日帰入浴におすすめ!夜も入れる

ある夏の日だったかもしれない。

いつも通り玉子湯で入浴するつもりが、日帰り入浴の受付時間の終わり午後1時を5分ほど過ぎてしまった。

なんてこったい!!

日帰入浴の受付時間短すぎだろう!?

土日ゆっくり寝たら絶対間に合わないじゃん?

そんなことを愚痴りつつニヤニヤとスマホを取り出し、こんな時のために自分が書いた 【高湯温泉】日帰り入浴まとめ で今からでも入れる温泉宿を探す。

すると、何ということでしょう!

「花月ハイランドホテル」の入浴受付が午後21時までとなっているではありませんか!

わたしと夫は激混みの共同浴場「あったか湯」を素通りし坂道の奥へ奥へと車を走らせました。

駐車場にたどり着いた我らは優勝を確信。

この駐車場からの絶景だけでココにきた意味があると思えたよね。

駐車場で運動会できる。

ちなみに、ここは高湯温泉のほかの宿からは離れるけど、バス停からは徒歩2分という立地。

花月ハイランドホテルは貸切温泉もありで子供連れにもおすすめ

「花月ハイランドホテル」は昔からあるみたいだし、ぶっちゃけ幽霊が出そうな山奥の古いホテルなんじゃないかと思っていたんだけど…

めっちゃキレイ!!

そしてオシャレ!

外にテラス席があったりしてちょっとリゾート風なんですけど!!?

テンション爆上がりで券売機にて入浴券を購入してイラッシャイマセしてくれた受付の人に渡しました。

わたしはこのとき完全にリラックスモード。

ブログに書くつもりはなかったので、洗面所やお土産屋さんやバーカウンターの画像も撮っていないんだけど、どこも「ちゃんとキレイで便利」な施設だった。

案内を受けて温泉に向かう!

温泉は1人貸切状態。

あまりに景色が良かったので1枚…

もうね、絶景としか言いようがない!

露天風呂と大浴場は別のところにあります。

大浴場も大きなガラス窓から見る景色が素晴らしい!

清掃も行き届いて文句の付け所のない施設だった。

「あったか湯」と違ってシャワーもあるし、混んでないし、洗面所にはドライヤーもあるしカンペキ。

高湯温泉はにごりの濃い硫黄泉なんだけど、酸性だからか湯上りサッパリ爽快!

香りも石油っぽさなどクセがなく、上品な硫化水素臭なんだよね。

そうそう、「花月ハイランドホテル」さんは日帰入浴でも貸切風呂が利用できます!

料金は入浴料(大人800円/小学生以下400円)プラス1,650円(50分間利用)

暖かい季節だけシャワーなど利用できるそう。

貸切風呂を利用したい場合は事前に予約してね。

「花月ハイランド」風呂上りはロビーで生ビール

お風呂上りはバーカウンターで生ビールを注文!

せっかくなので景色の良いロビーでのんびりいただくことにしました。

おつまみにキットカットなど。

気分最高潮で思わず撮る前に呑んだよね…

ロビーも広々快適でした!

メニューはなぜか定番ドリンクは撮ってなくて…

福島の果物を使ったスムージーとクリームソーダもあるんだな~ってな感じで1枚。

確か瓶ビールもあったと思うけど…

瓶ビールがあるならハイボールとかレモンサワーくらいならありそうですよね?

今回はあまり写真が撮れなかったけど、高湯温泉で遅い時間の入浴になりそうってときは「花月ハイランド」思い出して行ってみてください~

おすすめです!

福島の秘湯 高湯温泉「花月ハイランドホテル」詳細

施設名花月ハイランドホテル
日帰入浴10:30~22:00(最終入館21:00)
入浴時間は平日2時間・休前日1時間
定休日4月~11月:水曜日
12月~3月:毎週 月曜日/金曜日
入浴料金大人800円/小学生以下400円
タオル持参の場合
住所福島県福島市町庭坂字神の森1-20
電話024-591-1115
詳細・宿泊予約楽天トラベル/じゃらんnet/JTB
公式サイトhttp://www.kagetsu.net/
SNSInstagram
タイトルとURLをコピーしました