上杉【麺 まぜたん】汁なし担々麺と冷やし担々麺、美味しい。

麺 まぜたん

営業時間:月曜日~土曜日

11時30分~14時30分
17時30分~20時30分
定休日 :日曜日


禁煙です

宮城県仙台市青葉区上杉1ー8ー17 上杉21ビル1F奥の左


Twitterオススメ


上杉の細い通りにありました。見つけやすいビルの1階奥にあります。

Twitterで見かけたり、らーめん仲間からのおすすめもあり、行ってみたいなとずっと思っていたお店です。

初来店の今日はどういうわけか眠くてたまらないので、店内の様子と、冷やし担々麵については、たんたんとお送りいたします。たんたんだけに。


汁なし担々麵は、ビールを呑む程に元気です。

『みんなでまぜまぜ汁なしたんたん麺』 上杉にある、こちらのお店


麺 まぜたん

メニュー

①店内の様子や飲食メニュー


②冷やし担々麺800円

③汁なし担々麺750円

④肉汁たっぷり餃子3個250円、4個400円


①店内の様子や飲食メニュー

大盛り無料

台湾まぜそば 800円
タンタンメン 700円
汁なし担々麺 750円
肉汁餃子 3個250円、5個400円
中華そば(あご出汁) 600円

この立地にしては、全体的に安価に感じられます。

麺は並350g・大は450g・特大600gで、大と並は同じ料金です。



ドリンクメニューが豊富です。

ビールのほかに、ノンアルコールビール、レモン・グレープフルーツ・ハイボール・ウーロンハイと、ソフトドリンクはコーラ・オレンジジュース・ウーロン茶があります。
サワーがあるらーめん店は珍しいですね。

店内はカウンター10席、お席まで案内してくださいます。

席の後ろは広いので、ベビーカーでも入れます。



イスのクッションが柔らかくて気持ちいいです。
座る面が広いので、背中側にカバンを置いてもゆったりと座ることができます。

卓上には汁なし担々麺・まぜたんメニューの楽しみ方などの説明書きの他に、醤油・お酢、花椒・自家製辣油・揚げ玉などが置いてあります。


汁なし担々麺・台湾まぜそば・油そばをご注文の方は、追い飯(マンガ飯)無料ということで、腹ペコな方や若い方に有難いシステムです。


揚げ玉を置いているらーめん店は初めてです。

②冷やし担々麺


美味しいと評判の、夏限定の冷やし担々麵が気になっていました。

◎価格800円
※台湾まぜそばの食券を購入して
冷やしとお伝えください

◎平日13時半~14時半限定

◎茹で上げ麺量300g


◎茹で時間8分

◎大盛り不可

◎夜と土曜日は提供していません。

13時半の来店でしたが満席の人気店です。

書いてある通り、台湾まぜそばの食券を購入して「冷やしお願いします」と言い、お店の外のイスで少し待ちます。


こちらが冷やし担々麺です。


トッピングはメンマ・ねぎ・ひき肉・糸唐辛子・スプラウト。透明のものは何か聞いたのに、寝ぼけていたせいで忘れました。

海草を加工したものです。

店主さんは良い人そうですが、わたし好みのタイプではありません。
色白ではないせいでしょう。

実はわたし、担々麺が好きではありません。みんなが担々麺好きだとか美味しいなどと言うので、「わたしもその美味しさを知りたい、美味しい担々麺を食べたら好きになるだろう」と思って食べています。

こちらの冷やしはスープも麺も、しっかり冷たい冷やしです。

『冷たさで目が覚めるかな』と思いましたが、目が覚める程の冷たさではありませんでした。

『ひょっとしたら、辛さで目が覚めるかも』とも思いましたが、そこまでの辛さではありません。

ちゃんと辛いのですが、辛いものをおぼえたての中学生や高校生にも、美味しく食べることができる辛さなのではないかと思います。

わたしは丼の中の味を変えたくないので、れんげに花椒を入れていただきましたが、旨いです。

ひき肉は味がしっかりついています。辛くはありません。
トッピングにひき肉が無くても良いんじゃないかと思うくらい、スープが完成されています。


眠いので本当にたんたんとした感想になっています。
たんたんの感想だからということで、お許しください。



メンマは歯ごたえがあり、味も嫌なところがありません。
時々、『おい、このメンマ大丈夫かよ』と思うことがあるので、メンマをいただくときは、いつもドキドキしています。

ちょうどお客さんが落ち着いたタイミングで、ベースになるスープを味見させていただきました。

お出汁がゴツくきいたサッパリめの醤油ベースで、『少しいじって、つけ麺で食べても美味しいだろうな。ふつか酔いなら尚更』と思うようなスープです。

ここに担々麺のためにゴマや辛味をいれていくのですから、美味しくないわけがありません。

麺はゴワゴワ感はありません。透明感のある、ツルツルもちもちの太麺で食べごたえがあります。

『このスープなら平たい感じのビロビロな縮れ麺や、ストレートの細麺なんかでも美味しそうだなぁ』とぼんやり思いました。


濃厚でゴマゴマしていますが、くどくなく食べやすいです。


麺量は丁度良いくらいです。足りない方は、ごはんを入れても美味しそうです。辣油を足したりして食べたいなと思いました。

あ、透明のやつがなんだっのかを思い出しました。クリスタルでしたね。

名乗ったりはしていないのですが、「いつもいいねありがとうございます。今日はビール飲まないんですか」と声をかけてくださいました。

『アイコンと実物はかけ離れているし絡んだこともないから、わからないだろう』と思っていたのですが、同じだからびっくりしたと言われました。


怖ろしい世の中です。これではうっかり、男といちゃつくこともできません。

次は、まぜそばをまぜまぜしたいと思います。

ごちそうさまでした!


③汁なし担々麺

数日前から行きたくて仕方がなかったのですが、ようやく今日行くことが出来ました。

冷やし担々麺が美味しかったのでリピートしたかったのですが、仙台デイズで紹介したいという気持ちもあったので、『レギュラーメニューも食べてみよう!』ということで、今回は汁なし担々麺を食べてきました。久しぶりに昼から酔っぱらいのぶり子です。



飲むつもりは無かったんだ。指が、ボタンを押したのだ。


入口のそばにある、食券販売機の前で、立ち尽くしていた。

店員のおばちゃんが、わたしに不審者を見るような目を向けていることを背中で感じたわたしは、“繕わなければならない”と冷や汗をかいた瞬間「ビールを呑むか悩んでいる」というようなことを告げていた。

すると彼女は囁くような声で、「呑んじゃいなよ、良いんだよ、昼にビール呑んでも。良いね~」と、後押しをしたのだ。


気付けばわたしは瓶ビールと書かれたボタンを、力いっぱい押していた。

今回もお席への案内がありました。
ニンニクは要るか要らないかと確認があったので、ニンニクありでお願いしました。

おばちゃんは、「いつもは忙しいけど、たまにはお酌しますよ。その方が美味しい」と言ってお酌をしてくださいます。元気なおばちゃんで良いです。


なるほど、ここは時々はお酌つきで、ビールのために冷えたコップが用意してあるハイスペックならーめん店です。

しかも、麺が太いのにも関わらずらーめんが出てくるのが早いです。

前回、汁ありの冷やし担々麺を注文した際に、『汁なし美味しそうだな~』と眺めていたものが目の前にありますが、あの時の汁なしの記憶と比べると迫力がありません。


わたしが注文したのは普通盛りですが、あの時見たものは大盛りか何かだったのでしょう。

汁なし担々麺は、麺量を300gと450gから指定できます。
お肉はひき肉と、チャーシュー入の入った具沢山な汁なしです。

みんなでまぜまぜ~

汁は多めで、汁というよりも“ソース”や“タレ”と言った方がしっくりきます。
ごまだれのようです。

おいしーです!!

にんにくの量はそんなに多いように思いませんでしたが、しっかりとにんにくが効いていて、たっぷりのタレと絡んで滑りも悪くないので食べやすいです。


麺は、ゴワゴワ感のないムッチムッチの歯ごたえがある麺。冷やし担々麺と同じ麺でしょうか。食べ応えがあって好きです。


辛すぎず物足りないこともなく、味のバランスが全体的に丁度良いので文句が出てきません。

ゴマのしつこい甘さや油臭さがないので、担々麺を食べてることを忘れました。
味はしょっぱいとまでは言いませんが、タレがたっぷりなのもあり、濃厚です。

半熟卵は別添えでついてきます。
お好みで始めから一緒に混ぜても良いと思いますが、わたしは温泉卵で味を変えながら食べることにしました。


別添えなので、たまごアレルギーの方や半熟卵が苦手な方は安心ですし、半熟卵に卓上にあるラーメンタレをかけていただくのも面白いかもしれません。美味しくなさそうですが。


また、マンガ飯なる大盛りのご飯も無料でいただくことができるので、その時まで取っておくというのも良いですね。食べ方がいろいろあって、何度も通ってしまいそうです。

半熟卵はなくても美味しいですが、入れるとまろやかさが増してこれもまた良いです。
ますます担々麺を食べている気がしませんが、美味しいです。

メンマは程よい歯ざわりで、前回同様いやな所がありません。


タレは具と一緒にたっぷりと絡めて食べたのですが、どんぶりの底に残ります。
このタレで少なくともお茶碗1杯は美味しく食べられそうです。


そういうことか。ここにマンガ飯を投入したら、美味しいの違いない・・・


麺300gとビールでわたしはお腹がいっぱいです。
しかも、餃子まで注文しています。

本当のことを言うと、汁なし担々麺でビール1本は呑めたのですが、餃子のために残しておいたのです。

2本目を呑むか悩みました。それほどにこの汁なし担々麺にはビールが合います。
居酒屋メニューよりもビールがすすみます。

しかし、この後イベントの打ち合わせがあるのです。ビール1本でも、アウトかもしれません。
にんにくのせいにして遠くから話をすることにします。

是非、機会がありましたら汁なし担々麺でビールを呑んでください。

④肉汁たっぷり餃子(3個250円)

残った汁なし担々麺のタレでマンガ飯を食べることは我慢して、どんぶりに残った肉片と、らーめん仲間から評判の良い“肉汁たっぷり餃子”で残ったビールを呑むことにしました。


そうなのです、日本酒仲間だけでなくらーめん仲間まで出来てしまいました。
今年の目標は、『オッサンのアイドルになる』だったので、このままいけば達成できそうです。

だってわたしは、いつでも、どこに行ってもオッサンに囲まれて笑っています。

大きな餃子です。薄めで柔らかい皮に、お肉と野菜がバランス良く入っています。


サラサラとした肉汁がたっぷり入っていて、ジューシーで柔らかな餃子です。
ザクザクとした食感の残った野菜がたっぷりなので、しつこくなく、ヘルシーに感じられます。


らーめん屋さんでこんなに美味しい餃子が食べられるのは嬉しいです。飽きずに食べられます。
でも、おかしいな。

餃子よりも、汁なし担々麵の方がビールに合います。


皆様、是非デートのない仕事帰りには【まぜたん】さんで汁なし担々麵と餃子とビールをお試しください。

次はあったかい担々麺食べたいな。


お酒は20歳になってから。のんべーほど、酒量はほどほどに。