中華そば 太平楽 富田(富沢)店

仙台 ぶり子

管理人のぶり子は秋田出身・仙台在住の37才。
お酒と刺身が大好きです!

メニュー、営業時間、価格などは取材時または投稿日のものがほとんどです。最新情報はSNSや公式HPのリンクからご確認ください♪

更新のお知らせはTwitterで。フォローよろしくお願いします♪

更新はTwitterでお知らせ!

仙台で安くて盛りの良い人気ラーメン店、朝ラーでおなじみ【太平楽】の3店舗目が富沢方面にオープンしていました!

わたしは太平楽のラーメンが大好きで、毎週でも食べたいくらいです。

画像は太平楽 六丁目店のラーメン中650円

いつも行くのは【太平楽 六丁目店】

『ワイルドな豚にしっかり煮干し!しょっぱめで背脂の浮いた醤油スープ!ぶりんぐりんに縮れた力強い太麺、麺多い!!』

麺食いのわたしは、ガッツリ麺を食わせるラーメンの虜になったのでした。

中華そば 太平楽 富田店
営業時間
6:30~10:00/11:00~15:00
定休日 月曜日
宮城県仙台市太白区富田八幡中43
022-393-6089
TwitterとかSNSやってないみたいです。

太平楽 富田店(富沢方面のだよ)の外観

今回は画像少ないので、太平楽六丁の目店と茂庭店の写真を駆使しイメージ画像を含めてお送りします。

場所は富沢駅よりも南の方。外観はシンプルな四角い白い箱です。

画像が茂庭店なんですけど。

このステッカーのような看板が付いています。ここは六丁の目店なんですけど。

駐車場は結構広くて、10~20台くらい停められると思います。回転は速いのでそう並ぶことはないと思います。

こちらも画像は茂庭店なんですけど、

太平楽の外イスはどこもこんな感じです。

お店の前に長椅子が置かれていて、屋根付きなので雨で行列ができていても安心。

店内入口左手の券売機で食券を購入してから着席します。太平楽はオペレーションが素晴らしいので店員さんが席まで導いてくれるはずです。

太平楽 富田店のメニュー

太平楽の基本メニューは
●ラーメン     小550円 中650円 大750円
●あごダシラーメン 小600円 中700円 大800円
●中華そば     小550円 中650円 大750円
●あごダシ中華そば 小600円 中700円 大800円
●辛味噌ラーメン  小650円 中750円 大850円
●つけ麺      小・中・大 800円
●バリ辛油そば   小・中・大 750円
●油そば      小・中・大 700円
●朝ラー      小500円 中600円 大700円

●チャーシュー   250円
●味玉・のり    100円
●メンマ・ライス  150円

あとは店舗によって生ビールがあったり、瓶ビールがあったり、ジュースがあったりするのですが、富田店の特徴はチーズソースがあるところですね。

朝ラーは太麺・細麺選択可能です。

これは茂庭店の券売機なんですけど

富田店で撮ってきました!

券売機はこんな感じになっています。基本ラーメンは太麺、中華そばは細麺と思っておけば良いです。

出汁巻きたまごもある。

ここの1番人気は油そばのようですが、

わたしはいつもラーメン中を食べています。

本当はこの日もいつも通り六丁の目店でラーメンを食べる予定だったのですが、

満車で外にも行列ができていたので『富田店も行列していたら、また六丁の目店に行こうか』なんて言いながらドライブがてらやってきたのでした。

遠かった。

カウンターとテーブル席がありますが、現在コロナの影響でどの席にもアクリル板が設置されていました。

太平楽富田店 ラーメンと中華そばのお味

向かいの人が食べている油そばがめちゃくちゃうまそうです。

わたしも食べてみたくなりながら見つめていると、「すっげー!うめぇ。。。うめぇ」と一人で小さく呟きながら食べていたので相当うまかったのでしょう。

画像は太平楽 六丁の目店の バリ辛油そば

ちなみに油そばは未食ですがバリ辛油そばはもらい食いしていました。

麺はラーメンと同じようでしたが、調理法の違いからかもちもちと言うよりはコキコキ感のある麺でした。

2辛だったのですがタレたっぷりでかなり辛くて、ちょっと食べただけで汗が噴き出します。唐辛子の辛さです。

これ追い飯したらうまそうだな。ライス150円です。

こちらが【中華そば 太平楽 富田店】のラーメン中650円。

具材はのり、細切りメンマ、チャーシュー、きぬさや、ねぎ。背脂ガッツリ浮いています。

太平楽の【ラーメン】のスープは煮干と豚です。背脂はガッツリ浮いていますが、スープがシンプルでキレがあるからか、それほどしつこくは感じません。

富田店のラーメンはいつも食べている六丁の目店と比べるとアッサリしていて上品な印象です。

麺はぶりんぐりんに縮れた太麺。

カタメというかカタイ茹で加減でもちもち+コキコキ感のある麺です。

六丁目店のほうはコキコキ感はなくもちもち弾力のある麺になっています。

この茹で加減、カタメの麺が好きな人はたまりませんね。

太平楽 六丁の目店の中華そば

太平楽 六丁の目店の中華そば

このように【中華そば】は細麺【ラーメンと油そば】は太麺になっています。

中華そばとラーメンはスープが同じらしいのですが、麺の違いや湯切り具合と背脂の有無から全く違う印象です。

店舗にもよりますが、細麺の中華そばの方が煮干しよりも生姜を感じやすいかも。


六丁の目店で中華そば味見した時『麺量がかなり多いのにこの茹で加減ではすぐに伸びちゃうよな』と思ったのですが、

富田店はカタイ茹で加減でパッツン超えてバッツンッと切れる麺になっています。

中華そばの麺は富田店の茹で加減の方が断然好みでした。

スープは六丁の目店のワイルドな方が好みですね。

接客も良く、また機会があれば寄りたいお店です。

 太平楽はこちらも!

太平楽 六丁の目店のメニューや味を詳しく紹介!
中華そば 太平楽(茂庭店)