【自家製麺 ビブグルメンで二郎系の豚そば】メニュー・店内ほか詳しく

仙台 ぶり子

管理人のぶり子は秋田出身・仙台在住の37才。
お酒と刺身が大好きです!

地域情報はコロナなどの影響で変更があるかもしれないので、SNSや公式HPのリンクから最新情報をご確認ください♪

更新はTwitterでお知らせ!
ぶり子
ぶり子

どーも!呑み過ぎで内臓が心配なぶり子です!
仙台ぶり子Twitter

いやーすごい雪ですね。
晴れて暖かく、気持ちの良い日でした。

税務署に行った帰り道で、ラーメン屋を見つけた。

日本酒(十四代) 1合1500円とある。

おぉ。ここが噂の日本酒があるのになぜか十四代しかないラーメン店『ビブグルメン』

大好物の二郎系もあるし、瓶ビールもあるし、これは食べていかなくては。

自家製麺 ビブグルメンの店舗情報

場所は東北大学病院の近く。以前メロンパン屋さんがあったところです。

なんの情報もない状態でしたので、紹介するにあたってFacebook、Twitter、Googlemapの口コミをチェックしていると・・・

仙臺 自家製麺 こいけ屋Twitter

なんと、人気ラーメン店こいけ屋さんのDNAを50%ほど注入したというツイートを発見。

公式サイトにも『独自ルートで仕入れた小麦粉で作った自家製麺や某有名店と共同開発したスープ』とあります。

こいけ屋さんとスープを共同開発されたのでしょうか。

定番の中華そばの口コミをまとめると

『塩味キリっと甘さを感じる魚介と動物系を合わせたお出汁がきいたスープに、低加水のストレートパッツン細麺』だとか。

わたしは二郎系の『豚そば』を注文。

自家製麺 ビブグルメン
営業時間
月~木曜日
11:00~15:00/17:00~22:00
金・土曜日
11:00~15:00/17:00~0:00
定休日 日曜日
駐車場なし。近隣のパーキングを使ってね。
住所:宮城県仙台市青葉区広瀬町3-38
電話:022-796-6727
Twitter/Instagram/公式サイト

自家製麺ビブグルメンの店内

お客さんが減ったら店内の写真を撮ろうと思っていたのですが、ラーメンに夢中で撮り損ねました。

店内はカウンターのみ。
奥行きがあって、10席?11席あったかも。

明るい色の木を基調とした店内で、清潔感があり女性受けしそうな雰囲気。

カウンターは窓ガラスの引き戸で仕切られているので、プライベート感があってくつろげる。

何よりホールの女の子がめちゃくちゃ可愛い。


わたしも痩せてあと20歳若返って更にもっと可愛くなって心もキレイになったらちょっとは近づけるかもしれない。

なにそれ無謀でしかない。

卓上は水、お酢、胡椒、つまようじ、はし、レンゲ、ティッシュ。

自家製麺 ビブグルメンのメニュー

店内のメニュー表と外のメニュー表は同じで

・中華そば   750円~
・煮干そば   800円~
・味噌ラーメン 850円~
・二郎系
 豚そば    850円
 煮干し豚そば 900円
 汁なし豚そば 850円

他に、ご飯ものもサーモンいくら丼、チャーシュー丼、ステーキ丼オール400円!

トッピングのレモン(100円)とおつまみセット(500円)が特徴的。

自家製麺ビブグルメンTwitter

上のツイートの画像はビブ中華そば。

ビブとつくのはトッピングが豪華になってるようです。

味玉と低温調理のチャーシューとバラチャーシュー増しかな?

ビブグルメンの二郎系 豚そば

二郎系とあったので二郎みたいに大量の麺と顎を破壊しうる山盛りのモヤシが来たらヤバイと思い

『豚そばは量多めですか?』と確認したところ『麺200gです』と返ってきたので、余裕で完食できると判断して瓶ビール(600円)も注文。

二郎系は茹で前250g~300gで出しているお店が多いので、少なめの麺量です。

みんなおいしそうにラーメンすすってる。

お隣さんの中華そばは中細ストレートの白っぽい低加水麺。この麺うまそうだな。

油がぷかぷか浮いた透明感のある醤油スープ。レンゲですくって、全部のむ勢いだ。

反対側のお客さんは味噌ラーメン大盛かな。

いろいろな具材が入ってカラフルだ・・・

自家製麺ビブグルメンTwitter

これ絶対おいしいやつだ。次は味噌で決まりだなぁ

なんてことを考えていると、着丼。

お上品なヤサイのお山でございます。

他に、ネギ、穂先メンマ、チャーシューがトッピング。

にんにくはいりますか?と聞かれたのでお願いしますと伝えたら予想以上にガッツリ!

粗みじんのにんにくたっぷり!

アブラも自動的に!

ヤサイは絶妙な茹で加減のモヤシとキャベツ。

モヤシは太いし、大振りに切られたキャベツは色よく柔らか、シャキシャキ。

このヤサイおいしいな~。

麺は中太ストレート。二郎系にしては細めかな?

香りは二郎系特有のブタとほんのり焦げ感のあるカラメルのような甘い香りでそそる~

これなんの香りなんだろう~。アブラ?みりん?醤油?ブタのスイーツだな。

この香りでもうすでにおいしい。

香りに負けずお味も~

二郎系でこんなに旨味濃厚上品なスープは初めてかも。

ブター!とほんのり甘みのある旨味たっぷりカラメのスープが・・・

『染み込んじゃってるの!!?』

『麺の味なの!!?』ってくらい麺に絡んでめちゃめちゃうまい!

ニンニクも相性いいな~

麺はコシが強くて、ちょっとワシワシ噛みしめる感じのモチ麺で、二郎系食べなれていない人でも違和感なく食べられそう。

チャーシューはふわっと食感。中からお出汁があふれ出してくる、お揚げ的な。

最後にちょっとパサつくチャーシューもあるんだけど、このふわっと食感はクセになる。

穂先メンマ柔らか~~~~

味加減も良く。

味玉も食べてみたいな。

スープは二郎系でアブラカラメニンニクなのに、厚みのある旨味も感じられるし、全体がバランス良く、ヤサイはヤサイそのものがおいしいし、なんというか・・・

おいしい二郎???


いや二郎さんおいしいんだけど、なんだろう。。


品の良い二郎???



・・・わかった。

キレイなジャイアンだ。


二郎がジャイアンだとしたら、ビブグルメンの二郎系はキレイなジャイアンです。


量も(二郎系にしては)少なめだから、二郎系ってどんな感じなんだろう~とか、おやつ感覚で二郎系食べたいとか、今日はそんなにお腹に入らないけど二郎系な気分なんて時にも良いかも。

ここはたぶん味噌もうまいですね。低温調理のチャーシュー旨そうだった!


ぜひ、一度キレイなジャイアンを味わってみてくださいね。