温泉卵【鬼首 地獄谷遊歩道】吹上高原でキャンプ!

地獄谷遊歩道

宮城県大崎市鳴子温泉鬼首吹上16

無料

ベビーカーなどは大変危険です


外でビールや日本酒が呑みたいからという理由でキャンプをしているぶり子の、いちばんのお気に入りキャンプ場が、吹上高原キャンプ場です。

虫が少ないのと、熊注意の看板がないこと、温泉や地ビールブルワリーがあり開放感があり、予約なしでいつでも宿泊可能なところが気に入っています。

そのキャンプ場とあわせて紹介したいのがこちらの地獄谷です。

近くには有料の間欠泉もありますが、地獄谷遊歩道は往復30分程度で散策出来ます。
無料で景色が良く、温泉卵も作れるのでいつもこちらに寄ります。


現在は遊歩道が壊れてしまっていて終着点までは行くことが出来ません。
注意書きにある通り、ぬかるんでいるところや熱湯、歩道が壊れていたりと危険なところもあるので、注意してください。

駐車場は広く、停めやすいです。

注意は必要ですが、小さなお子様も多いです。
靴はサンダルでも困りませんし、どのような服装でも大丈夫です。

ちなみにこのサンダルは楽天市場で1000円くらいで購入したものです。



キャンプや海、近所、お出かけ全般、使い勝手が良いので色違いも持っています。
去年購入しましたが今年も使えます。

階段を降りていくと山の中に遊歩道。歩道がところどころ壊れています。

いつ行っても山菜とりの方を見かけます。5月半ばのこの日はふきをとっている方が大勢いらっしゃいました。


今の季節は山藤が綺麗です。虫もいないので安心して藤の下を歩くことができます。


橋です。
たくさんの緑と花の中、木でできた遊歩道や橋の上を歩いていると、トトロの森を歩いているような感覚になります。地獄谷なんて怖い名前なのに、気持ちが良いところです。


幅の広いベンチがあるので、ここでお弁当などを食べても気持ちが良さそうです。
温泉デートついでにお散歩とお弁当というのも良いですね。

川沿いを歩いていきます。
よく見ると魚やオタマジャクシも見えます。


良いなここ、やっぱりデートに最高です。

石でゴツゴツした道や、日が当たらずぬかるんだ道もありますので足元はお気を付けください。

「きゃっ危ない!」

なんて言いながらイチャついたらいいと思います。


ここからはコケとシダ植物好きなわたしのための写真が少々続きます。

最高です。


遊歩道のすぐ横に温泉がわき出しています。

雷の湯はぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼと音がなっていて面白いので、しばらく

「おぼぼぼぼぼぼぼぼぼ!おぼぼぼぼぼぼぼぼ!」

と言いながら遊歩道を歩きます。

「おぼぼぼぼぼぼぼぼ!」

「おぼぼぼぼぼぼぼぼ!」

「おぼぼぼぼぼぼぼぼ!」

「トトロの森みたーい!おぼぼぼぼぼぼぼ!!」

紫地獄です。

石が積まれたところから温泉が吹き出し、煙がもくもくと上がっています。
熱い湯が沸くところにどのように石を積んだのか、いつからこのような形なのかが気になります。


全く関係ありませんが、今、ふつか酔いで頭が痛いです。

紫地獄のすぐそばにあるのが玉子湯です。

ここで温泉卵を作ります。意外と見ているだけでつくる人は少ないので、待つことはあまりありません。
紐をつけたざるや、紐で結んだ洗濯ネットの中に、殻つきのまま生のたまごを入れてこのお湯の中に10分ほど入れれば完成です。キャンプで食べたいですね。

川の中の石が黒いのですが温泉成分のせいなのでしょうか。玉子湯のところは黒くないのですが。


「気持ちいい道だなぁおぼぼぼぼぼぼぼ!

鬼首の由来が知りたかったのですが、こちらに由来に繋がりそうなことが書いてありました。

鬼首の古寺(洞雲寺)では、「鬼」とは地獄を意味し、「首」とは地位の高い僧が座る位置を意味すると言われています。

もっとロマンチックな由来かと思っていました。

この岩の穴の中にも温泉が湧いていたような気がします
ここでわらびを茹でたかもしれません

他にも温泉が湧いているところはたくさんあります。

吹き出すお湯がかかりそうで怖かったり、壊れかけで広いとは言えない遊歩道を走る子供が怖かったり、温泉の熱で熱い場所もあります。

往復30分程のんびりと、癒される時間になりました。

吹上高原キャンプ場についてはこちらをどうぞ。