浮気する男としない男の特徴と浮気されたときの解決方法

仙台 ぶり子

秋田出身・仙台在住。
白子やあん肝、お刺身とお寿司が好きな日本酒オタクです。レマコムの温度設定を間違えて140合も凍らせたことがあります。凍っても酒は旨いままでした。Twitterフォローしてね。

更新はTwitterでお知らせ!



浮気や不倫に悩む人は多いものです。

それだけ浮気をする人がたくさんいるということでしょう。

浮気をする理由は、自分から別れを切り出す勇気がない、自分からは別れる気がない、次の恋人を見つけるため、色々な人と付き合いたいなど様々です。

もちろん、浮気をする前に別れを選び、

「飽きたから別れよう」

「他に好きな人ができたから別れよう」

そう別れを告げる人もいますが、告げられた方にとってはこれも辛いものです。

関係を修復できるような気がして交際を続けるよう引き止めた場合、行き場を失ったパートナーは浮気をするかもしれません。


まだ好きな側にとっては、どんな形であっても別れは辛いものなのではないでしょうか。

今回は、浮気する男としない男、どちらとも3年以上交際した経験があるわたしと、浮気をしたりされたことがある数多くの友人の経験をもとに、浮気しやすい男、しにくい男と、された時の解決方法などを書いていこうと思います。

もくじ

●浮気する男

●浮気しない男

●浮気をされたら

●浮気を許す

●別れを選ぶ

浮気する男

浮気しやすい男の特徴

●寂しがり屋
●口が上手い
●強引さがある
●マメ


モテない人が浮気をすることもありますが 、モテる人のほうが浮気をしやすい環境にあります。その中でも上に書いた特徴を持つ人は、特に浮気をしやすい人であることが多いです。

寂しがり屋はひとりで過ごすのが苦手です。1時間でも暇な時間があれば誰かと過ごす。できるだけひとりになりたくない。そんな人もいるのです。こういう人はマメであることがほとんどで、同時に何人もの女性と連絡を取り合っているという場合もあります。

また、受け身なタイプよりも多少の強引さのある押しが強いタイプのほうが交際にも浮気にも持ち込みやすく、更に口が上手い場合は、浮気相手に不信感を与えずに付き合いを進めることができます。

出会ったときや付き合いを考えたときに『浮気しそうだな』と感じる相手もその通りであることが多いようです。浮気に気が付くときも大抵は『いつもと何かが違う』という経験に裏付けられた勘が働くものです。

浮気しない男

浮気しない人というのは、浮気できない人のことです。

浮気しにくい男

●マメではない

●鈍感
●主体性がない

●ひとりでも寂しくない
●モテない

●忙しいと引きこもる


モテない理由に多い主体性がなくマメではない人は、浮気したいと願っても上手く女を口説くどころか自分からデートに誘うことすらなかなかできないので、積極的な女性に気に入られない限りは交際に発展することもあまりないでしょう。


仕事が忙しくなると疲れて遊ぶ余裕がなくなってしまうようなタイプも、忙しくなると交際相手との時間をつくるのさえも困難になり浮気どころではありません。浮気をするのは仕事が忙しくてもプライベートを充実させられるタイプで、彼女との時間を楽しんだ上に他の女性との時間もつくれるタフな体力と精神力のある人が多いです。

また、鈍感では女性を口説くためのサインを見逃すことも多く、浮気の機会があったとしても逃すことになるでしょう。

浮気をされたら

本気で好きなうちは浮気をしないものですが(する人もいますが)、別れる理由がなくても、付き合いが長くなったり刺激が少ない状態ではきっかけがあれば流されてしまったり、自分から狩りに出ることも多いようです。

浮気をされて問い詰めたときに【別れを告げられた】【迷わず別れを告げた】という人もいると思いますが、中には相手が浮気を認めないもうしないと言われた、寂しかったなど自分にも非があると指摘されて、別れるか悩むという場合もあります。


していないかもしれないから、許そうか悩む

もうしないという言葉を信じて、許そうか悩む

自分が悪かったのだから、改善して交際を続けようかと悩む…

もしかしたら、本当にもうしないかもしれません。(わたしが知る限りでは、浮気をする人は例外なく繰り返します。本命となる交際相手が変わると落ち着くこともあるようです)


これはどれも相手の言葉を信じられるかにかかっていますが、信じられない気持ちがあるからこそ、悩むのです。

どんなに優しいことや耳障りの良いことを言われても、約束をしてくれたとしも、言葉は口を開くだけの簡単な作業であり無料です。

『もうしない』『不安にさせない』ということを期待して付き合いを続ける(続けている)のであれば、「次はない」と断言した上で、相手の行動と自分の心を見ましょう。

不安になるような相手というのは、行動が不十分で信用に値しません。

許して付き合いを続ける

相手は、恋人のことを傷付けたり裏切ることができる人です。

しかし、誰も傷付けたり裏切ったこともなく、そのようなことはこの先もしないと言い切ることのできる人はいないはずです。

浮気されて別れるか別れないかを悩んだときは、

浮気をするというマイナス面以上に、自分にとって他の人には代えられない魅力があるか、浮気をされてもその人と一緒にいたいか、一緒にいる価値があるのか

を考えてみることをおすすめします。

『浮気をする人ではいつか捨てられるのではないか』と不安に感じる人もいると思いますが、浮気をせずとも別れを告げる人もいるのです。 別れのリスクはそう変わりません。


実際に、わたしの浮気性の元カレは自分から別れを切り出したことは1度もありませんでしたし、友人は浮気をする彼氏と結婚をしました。浮気は相変わらずするそうですが、バレるたびに泣いて謝り機嫌を取るそうです。

別れを選ぶ

別れを選ぶ場合、別れたばかりのときは悲しかったり寂しかったりして落ち込むかもしれませんが、離れてしまえば視界は広がり、自分を不安にさせ、悲しい思いをさせる人間は他にそういないということに気がつきます。

イイ男はたくさんいます。辛かったら別れて次に備えましょう。

彼女を悲しませ泣かせるような男とは別れたほうが快適で、すぐに立ち直ることができます。
安心してください。

こちらもあわせてどうぞ。