にこらす×ナダヤ酒店×武勇コラボイベントで呑んできた日の日記

9月1日は、にこらすと東京のナダヤ酒店と茨城の武勇のコラボイベントへ行ってきました。
1部は14:00~16:30、2部は17:00~19:30 オールスタンディングでの開催です。

10分遅れで着いたわたしは、決まっていないはずの席を小原さんに確認します。


「ぶり子さんは、奥ですね」

そうです、ぶり子さんは奥がお好きです。巨こ・・・

去年と同じ、1番奥の席でした。わたしはここをイベント時のVIP席と呼んでいます。蔵元さんの目の前になる席なのです。スタンディングだけど。

わたしのにこらすのイベントの1番の楽しみと言えば、カウンター仲間に会うことです。
コータローと、酒豪すぎる大学助教授(たぶん)です。

実際のところ、コータローが奥の方に行ったからわたしもそちらの席にすすめられたのでしょう。

あいつもまた奥が好きな男です。当然巨こ・・・


書きたいことが書けずに欲求不満になりそうです。

酒豪の大学助教授は、おじさんと呼んだら「キミとは●歳しか違わない」などと言いそうなので、ここからは酒豪と呼ぶことにします。



酒豪は最近は忙しいらしく、今年は団体さんで来るのを見ただけで、ゆっくりと話をすることはありませんでした。寂しく思っていたのですが、このイベントくらいは仙台にいれば来るだろうと楽しみにしていました。

席にはプライベートでイベントに参加していたアルバイトの凶夜くんと、凶夜くんのお友達と、コータロー、知らない人が居ました。

勿論、凶夜くんの漢字は当て字です。

みんなで鑑評会用の裏武勇で乾杯をします。鑑評会用と言うと香り重視で味わいは軽やかなイメージでしたが、キレイな中にも旨味と甘味のある贅沢な味わいです。

凶夜くんのお友達が可愛いので、

「可愛いこ大好き、いつでもどーぞ♡」

などと声をかけておきましたが、最後まで連絡先を聞かれることはありませんでした。

きっとコータローと酒豪が「ダメダメ、この人は本気でヤバいから気をつけたほうがいい」などと言って彼を守っていたからです。わたしはまた獲物を逃がしました。

一体、わたしのナニがヤバいと言うのでしょう。

穴子と嶽きみの煮こごり安納芋ソースは和風創作料理が得意なにこらすらしい1品。
旨味たっぷりの煮こごりに、柔らかな甘味の安納芋ソース。穴子と嶽きみの食感と甘さ、しょっぱさが面白く、呑める煮こごりです。美味しいんですよね。

自家製イカの塩辛は塩味控えめで、ワタの旨味とイカが絡んでそのままでも旨いのですが、今回は針生姜入りで爽やかな味わい。

中トロとんぶり刺。これはお通しでよく出てくるメニューです。

いぶりがっこマスカルポーネチーズ。クリームチーズよりも酸味控えめのマスカルポーネチーズが良く合っています。スイーツのようです。

秋サバの西京焼き。にこらすの西京焼きの美味しさはオードブルで知りました。冷めても臭みなく柔らかで、味噌の味が良いです。

別注文でいくつものメニューがありますが、まずはこの肴でのんびりと呑むことにしました。

お酒の種類が多く、全て呑むと大変なことになります。と言うか普通の人間であれば、呑めません。

前回のにこらすイベントの時、酒豪は、「どうせ呑むから」と上から順番に全て呑んだのです。

とんだキチガイ野郎です。

しかし酒豪は今回、仕事の都合で18時頃まで来られなかったので、全酒制覇は無理だったようです。

9月に柏木で新店をオープンする古川の上々さんに、「フーディーっていうアプリを使うと美味しそうに見えるよ」と教えてもらったので、早速武勇の深谷さんをフーディーで撮影してみました。


美味しそうに撮れているでしょうか。

プリティーな笑顔が素敵で美味しそうでしょう。


深谷さんが手に持っている智仁武勇(ちちんぷいぷい)は、乳酸も酵母も無添加の生酛です。

不快ではない柔らなヨーグルトのような含み香のあるお酒で、色々な温度で呑んでみたくなります。

深谷さんは優しく丁寧にお酒の説明や造りの説明をしてくださいました。


日本酒のイベントに参加していると蔵元さんとお話をする機会は多くありますが、以前は雲の上の存在のようで、遠慮して聞きたいことも聞けなかったり、恥ずかしくて話しかけられないということがありました。最近は慣れてじっくりとお話を聞けるようになったのですが、どの蔵元さんも話しかけると真摯にこたえてくださいます。

幻舞、忠愛が好みですが、今回は篠峯の亀の尾がとても良かったです。今っぽい、フレッシュでガス感、キレのあるオシャレな亀の尾でした。スッキリとしていたので1回火入れかと思ったのですが、生と記載されています。コータローが白ブドウの良い香りだと言っていました。

お店にあれば、また呑みたいです。

食べたかった、はらこ飯。今年も絶品です。にこらすの土鍋ごはんほど酒がすすむ美味しい土鍋ごはんはありません。

今回も良い会でした。


このイベントに、偶然、日本酒仲間に紹介してもらったかたも参加されていたので、終了後にビールを1杯呑みに付き合ってもらいました。

クラフトビールマーケットです。

Y.Market Brewingが品切れだったので、BrewbaseやNEIPAが好きだと好みを伝えたところ、やくらいビールの夏霞~Hazy Pale Aleをオススメしていただきました。

これが美味しい!!にごりのある苦味控えめなビールで、パイナップル、マンゴー、桃のようなトロピカルな香りです。また呑みたい。

また、日本酒を呑んだ帰りに寄ってしまいそうです。

今回も、楽しいお酒でした。

お酒は20歳になってから。のんべーほど、酒量はほどほどに。