メロンやバナナの香り?マニュキュア香?酢酸エチルか、酢酸イソアミルか。


風の森の感想を書いていこうと思ったのですが、またもや脱線してしまって長文になってしまったので、別に投稿することにしました。風の森にある、香りについてです。


熟れたバナナやメロンのような、華やかな果実香。これは酢酸イソアミルという香気成分で、日本酒の代表的な吟醸香のひとつです。日本酒仲間の中では酢イソ系とも呼ばれています。


この酢イソ系ですが、中には酢酸エチル臭、セメダイン臭と呼ばれる香りを感じさせるものもあります。(経験上、華やかな酢イソ系に多い)実際にメロンやバナナ、パイナップルにも含まれるエステルですが、マニキュア・ボンドのようにも感じられるのです。熟れたメロンや腐りかけのバナナにも近いですね。

男性よりも女性の方がこの香りには敏感なようで、(たぶんマニキュアを使うから)気にならない人はこれを良い香り、フルーティーとしか感じないようなのです。

なので、以前は『これマニキュアじゃん』と思っていても、みんなは「フルーティーで、いい香り~」と言うので、『そうなのか、良い香りなのか。自分がおかしいのかな』と思っていました。そんなわたしのように、不思議に思ったり悩んだりしている方のために、声を大にして言います。

マニュキュア臭の日本酒あります。


老香と熟成香の感じ方も、わたしが醤油のような老香と思うものを、キャラメルと感じる人もいますし、呑んだ人にとって心地が好いものであれば、一般消費者側としてはオフフレイバー(お酒にはないほうが良いとされるマイナスの香り。日本酒は味も香りも減点方式です)とは言い切れないとわたしは思っているので、悪いと言っているわけではありません。

例として、寫楽。とてもファンの多い人気酒です。
わたしが初めて酢エチ臭と感じたお酒だったと思います。寫楽はだいたいマニュキュア香です。「熟成させれば」「保存状態が悪いのでは」と言われて何度か試してみましたが、全てにマニュキュア香を感じました。



福島は他の蔵のお酒でも似た香りを感じているので、福島県で多く使用されている酵母由来の香りだと思います。(酢酸イソアミルも酢酸エチルも、酵母が生成する香気成分です)この香りがあるものは共通して、舌触りは滑らかでするするとしていて、キレイな味わいであることが多いです。
これも酵母による影響が大きいのではないかと思います。

わたしにとっては一長一短。

「味は美味しいんだけど、香りが苦手だな~」と言って呑んでいます。


今回は酢酸イソアミルと、酢酸エチルについてのお話でした。

機会がありましたら、カプロン酸エチルなどについても書いていこうと思います。