日本酒のガス感とは。ひやおろし早い問題・新酒ラッシュえぐい問題などの日本酒オタクあるあるをひとり語りする。


風の森の香りと味わいについて書こうと思ったのに脱線して長文になってしまったのでわけて投稿することにしました。

なぜガス感のある酒とない酒があるのか、火入れ、生酒、生詰、生貯蔵酒の違いとひやおろし早すぎる問題新酒ラッシュえぐい問題日本酒オタクあるある駄文です。


これは風の森秋津穂です。見るからにガス感ピッチピチです。


日本酒オタクであればガスが発生する仕組みをご存知の方も多いと思いますすが、もともと風の森のガス感の説明のために書きはじめた投稿ですので、詳しい方は何か間違いがあれば教えてやろうという感じで読んでいただければと思います。

上の画像でも目視できるこの気泡、ガスは炭酸を人工的に加えたものではありません。


日本酒を造る際に、麹が米のでんぷんを低分子の糖に変え、低分子となった糖を酵母がアルコールと二酸化炭素に分解します。

グルコース(糖分)→ アルコール+炭酸ガス


日本酒が出来る過程で炭酸ガスが含まれることになりますが、濾過や火入れの工程により失われてしまいます。


風の森は加熱しない無濾過無加水の生原酒で、ガス感を残したまま瓶詰しています。
蓋を止めておく蓋があるのですが、それを外して数分常温放置すると、蓋が吹っ飛びました。



火入れでもピチピチしてる酒あるじゃんと言われそうなので書いておきます。

同じ火入れ酒でも、ラベルに記載されていることもある【瓶燗一回火入れ】では、炭酸ガスのピチピチ感が残っているものがあります。


一般的には蛇管という管で加熱殺菌してから大きなタンクで保存され、瓶に詰めていくのですが、瓶燗一回火入れは搾ったお酒を生のまま瓶に詰め、水を張った釜に入れて瓶ごと60度~65度程の湯煎で低温殺菌をしてから膨張した空気を抜き封をします。その後、急速に温度を下げて冷まして低温貯蔵するため、通常よりも空気に触れる面が少なく、空気に触れる時間も短く、瓶の中には空気が少ないのでフレッシュな味わいやガス感を残しつ殺菌することが出来るのです。


生詰瓶燗です。


生詰酒=火入れしてから貯蔵、出荷
生貯蔵酒=貯蔵してから、火入れして出荷
生酒=火入れ無し

火入れ酒=貯蔵前と出荷前に2回火入れする



ちなみに、生詰した後に貯蔵して秋口に出す熟成酒がひやおろしと一般には言われています


が。


が、ですよ。

年々、各蔵が競うようにひやおろしを出す時期が早くなっていて、秋の肴もないのにひやおろしで晩酌、秋の食材が出る頃にはひやおろしラッシュは終了。生詰酒に秋っぽいラベルを貼り付けただけじゃないかと言いたくなるようなものもあります。ハロウィンラベルくらいになるとひやおろしらしさが出てきますね。

秋の食材も手に入るようになり、ひやおろしらしいひやおろしが出てくるころになると、新酒の登場です。古米や五百万石などの早生の酒米でつくられた新酒が10月に出てきたりします。オイオイまだひやおろしが美味しい季節でっせ。古米に新酒ラベルかけるなよ紛らわしい。

せっかくだから日本酒オタクたちが新米新酒と比較しやすいように、何年にとれた米でつくったのかを記載してくれ。


そして、そこからのバッキバッキのしぼりたて!フレッシュピチピチ新酒が長い長い長い!!!



おーおーなんか胃が痛いんですけど!(呑み過ぎ)新酒時期の酒ラッシュすごいですからね!
思い出すだけで胃が痛みそうです!クリスマススパークリング!クリスマスラベルが終われば、年末年始セット、福箱、元旦搾りに立春搾り。そうそう、荒走り、中どり、責め、袋吊り、と1種類の酒で何度も何度も攻めて来る。その上に活性にごり、おりがらみ、うす濁り、へ?而今様が欲しけりゃ他の酒を抱け??はい!喜んで!!ぁぁぁあああああああ!!!内臓が追い付かないぞう!!しかし呑まなければ!呑まなければ冷蔵庫に酒が入れられない!!呑んで買わなければ!あれもこれも呑みたい!!

内臓が足りないぞう

・・・なにこの人、病気なの

いやいや、日本酒オタクあるあるですよね・・・


しかもわたしは、新酒に飽きた、疲れたとき用にひやおろしを保存しているのですよ。冷蔵庫、大変ですよ。食品も牛乳も入れるスペースがないから日本酒用冷蔵庫、買いましたよ。あと、生さんまが食べられるようになるまでは極力ひやおろしには手をつけません。今から頭の中がひやおろしでいっぱいなんですけど。


こうやって書いていると本当なにやってるんだと思いますが、それ以上に、

今年はひやおろし何を買おうかな、新酒は何を買おうかな、年末年始は何を呑もうかなぁ

と楽しみな気持ちの方が大きいですね。
さぁさぁ、晩酌はどうしようかな。

という感じで、着地点のない日本酒オタクの長文にお付き合いいただきましてありがとうございました。良い晩酌を!!

お酒は20歳になってから。のんべーほど酒量はほどほどに。