2018 たかちよ 無調整生原酒おりがらみ White X’mas 熟成

去年のクリスマス頃に呑んだのですが、あまり好みではなかったので気が向くまで冷蔵庫にしまっていたお酒があります。

クリスマスラベルって、今は日本酒でもいろんなところから出ていますよね。

その中でも自分が大好きな【たかちよ】から購入したクリスマスラベルでした。

しかし、去年の【たかちよ】はどれを呑んでも好みのタイプではありませんでした。
美味しいのですが、ごつくて好みのタイプではないのです。

イケメンでも好みの顔と、そうではない顔があります。


2018 たかちよ
無調整生原酒おりがらみ White X’mas

ラベルはクリスマスですが、季節は夏です。

生ガツオが肴です。

しかも、臭みが出ていたので生の玉ねぎスライス・ニンニクスライス・大葉・みょうがと、薬味てんこ盛りで、味付けはマヨネーズとぽん酢でカツオじゃなくても良いんじゃないかと思うような味です。

旨い。

わたしは薬味が好きです。

2018 たかちよ
無調整生原酒おりがらみ White X’mas

原材料名  :米(国産)・米麹(国産米)
アルコール分:16度
500ml

製造者 高千代酒造株式会社
新潟県南魚沼市長崎328-1

いつもは酵母・酒米・精米歩合・日本酒度・酸度などを記載していますが、たかちよは特定名称(純米・純米吟醸など)も含め、スペック非公開です。


このラベルからわかることは、無加水の原酒で、火入れをしていない生酒であること。


それから、醸造用アルコール無添加の純米酒か、醸造用アルコールは添加していないけれども、規格外米を使用しているから、特定名称酒を名乗れない普通酒と言う事です。(酒造好適米になれない規格外米でつくられた、純米酒と同じ造りの日本酒は、大吟醸並みに磨かれた酒米を使用していても普通酒に分類されます)

たかちよのスペック非公開には、先入観なく呑んでもらいたいという思いがあるようです。

また、スペック非公開の代わりに、ラベルの色によりイメージしている果物があります。

たかちよのクリスマスラベルは、りんごをイメージした赤ラベルと、グレープフルーツをイメージしたグリーンラベルのミックスです。
去年のまだフレッシュだった時の香りは、りんごベースにパイナップル、麹。

味わいは、甘味とグレープフルーツのように苦味のある、ガス感の強いキリッとしたお酒でした。


もう8ヶ月くらい冷蔵庫で保存しているので、生熟していて、うっすら茶色がかっています。

酸味の感じられる熟成香ですが、この柑橘のような酸はパイナップルのように感じられた香りの名残でしょうか。りんご香は、キャラメル香に。去年気になっていた麹のような香りもまだあります。


ガス感は健在で、ピチピチ。骨格もしっかりとしていて、家庭用冷蔵庫に半年以上寝かせておいたのにも関わらずキリッとしたままの強いお酒です。

開栓3日目では、ねっとりとした生キャラメルのような香りに、ベリー、チョコレートのような香りも混ざります。

普通であれば熟成香があれば官能的な香り・味わいになるのですが、 バナナチョコ、スイカバーのチョコを食べたような風味で、どうも若いのです。

女子じゃないんですよねたかちよは!!

どれを呑んでも20代半ばの男性のような印象です。

キレイな体してそう。

美味しかったです。ご馳走様でした。

お酒は20歳になってから。のんべーほど、酒量はほどほどに。