【ブロガー名刺】プロ イラストレーター 高橋 わな美さんと作る話

わたしの人生初めての名刺は、このお手製ブロガー名刺なのですが、そんなことよりもこの数か月で一気に老け込んだ気がするのは気のせいでしょうか。

ブログと日本酒イベントを始めてから、出会う人、関わる人が全く変わって、アークドラゴンみだれ大根かという一長一短な成長の仕方をしているように思っていますが、楽しくなっているのは間違いありません。下ネタ率は減りましたね。

出しつくしたのかもしれません。

『そう言えばこれが最初の名刺ではなかった』と思い出して、引っ張り出してきました。
名刺をつくった後にブログをhttps化したので、すぐにお蔵入りになったのです。

ブロガー名刺を持っていると、取材をするときに写真撮影に協力していただいたり、店主さんからお話を伺うことがスムーズになります。

しかし、自作の名刺ではお遊び感があるので、真面目にお店をされている方にお渡しするにはインチキ臭くてどうかなと思っていました。


そこに偶然ラーメン店で遭遇してお話をしていた、この方の顔が思い浮かびます。

福島 ラーメン組っ!イラストレーターをされていらっしゃる、金髪美女・高橋 わな美 さんです。


ラーメンを擬人化した萌えキャラを描くわな美さんとは、日本酒を擬人化してきた自分と何か通じるものがあるように感じていました。

わたしにとっては神様のような存在ですが、『せっかく知り合いになれたことだし、こんな機会はもうないかもしれない。一度で良いから、わな美さんがつくった可愛い名刺を持ちたいな』そう思い、思い切ってお願いしてみることにしました。

わな美さんに出会っていなければ、可愛い名刺が欲しいなんて、考えもしなかったでしょう。

なんと快く引き受けてくださいました!!

打ち合わせは、わたしがいつも行く大手町のにこらすさんで行われました。


萌えキャラになりたくてわな美さんにお願いしたのに、わな美さんは、「萌えキャラ気持ち悪くないですか?」と、ゴツイ体で心配しています。


わたしは

人魚になりたいです。ぶり子だし、人間だから。

と言いました。

色は、両関の花邑のようなピンクが良いと、にこらすで花邑を飲みながら決めました。

わな美さんは、どんな人柄か?どんなイメージなのかを知るために、わたしのブログを読んでくださっていたそうです。
流石、ラーメンを擬人化するお方です。わたしのブログも擬人化して欲しい。

「似顔絵と言うよりは、イメージで、わな美さんのイメージで描いてください!可愛い感じがいいです~!!!」

とお願いしました。

そうして提案してくださったのがこちらの名刺です。

打ち合わせの時には、名刺に全身入れるのは難しいかなというお話でしたが、しっかり全身入っていて、1升瓶まで持っています。ブログタイトル【仙台 ぶり子】の文字も、イメージしていた通り!

清潔感皆無と思っていた自分自身とブログが、清潔感のある明るく元気な陽キャになっていることに驚きました。背景には桜のような花びらまで舞っています。

わな美さんからは、こう見えているのか・・・

なんだか不思議な気持ちになりました。
とても嬉しかったです。

しかし、人魚でもなければ特別美人キャラでもなく、派手さもない。
まるでわたしのようです。

『普通にかわいいのもどうかと思い、こういう表情も作ってみました^^;』


と、もう1枚送られてきました。

口の中が涎でべちゃべちゃで、顔を赤くして酔っぱらっています。こちらの方が、わたしらしいように感じます。

しかし、これではきっと、女性ウケはしないでしょう。

それに、もっと可愛い服を着せて欲しくなりました。
完全わな美さんお任せというお話だったのに、可愛らしいイラストを前に欲がでたわたしは、わな美さんに注文をし始めます。

魚が服についているのすごく嬉しいのですが、ひらひらワンピースとか・・・可愛いけど、ぶり付いてるみたいな感じ出来ますか?

わたし乙女チックなんですよ・・・


わたしは絵文字も顔文字も使いませんし、口を開けば下ネタか日本酒の話ばかりですが、心は草原をかける少女のように乙女なのです。


加えて、持っている酒瓶を、好きなお酒の銘柄にするのはどうかと提案していただいたので、わたしの心の夫である、天の戸のじゃごたろの紹介をしました。

わな美さんは忙しいというのに、とても丁寧に対応してくださいます。

じゃごたろも、わたしが知っているじゃごたろのままで感動して涙が出そうになりました。
名刺の中でも、わたしとじゃごたろは仲良しです。



襟元がフリフリになって、可愛くなりました!!!

しかし、これではぶりが目立ちません。

『魚、もっと目立って欲しいです』


わがままは続きます。


なんかちげーな。さっきの方が良かったかな。

わたしは混乱してきました。


それを察してか、わな美さんは何も言わずとも、もっと可愛さを増してくれます。

女心のわかる人です。


『幼児の服みたいにしてみました』

これよ!!!これこれ!!!こういうことですよお兄さん!!

ぶりが淡いピンク色になりました。


『もっと濃いピンクどうですか?あと、わたし左目の下にほくろあります』


わたしは楽しいのと、調子に乗ってどんどんお願いし始めます。

『濃くとほくろつけました!』


『ほくろ逆です』

容赦ありません。めんどくさいやつだと思われようとも、納得できるものをつくってもらうと決めたのです。

『お魚、最初の薄いピンクでお願いします!』


完璧です。

きらーん


こちらの名刺は早速、ラーメン組っ!の仮谷よしこさんのいる八幡町【らーめんよっちゃん(仮)】さんと、大手町【にこらす】さん、【いたり和ん惣市】さん、立町【こうめ】さんに置かせていただきました!!

他にも置かせていただける店舗さんありましたらその都度Twitterにてご紹介致します。

裏面はSAKE友の紹介です。長く続けて行こうと決めたところだったので、改めて文章を考えて自分で選んだ写真と共に、入れ替えをお願いしました。

ずっと欲しかった自分のイラストも、自分が好きなプロのイラストレーターさんこんなふうに描いてもらうことが出来て、大好きなじゃごたろを持って・・・嬉しっかったを伝えられる個人ブログをやっていて良かったなと思います。

実はこちらのよだれびしゃびしゃ名刺もつくってもらっていました。

こちらは自分が持ち歩く専用の名刺です。
イベントなどでお会いした方で、この名刺が欲しいという奇特な方がいらっしゃいましたら、お声がけください。100枚もあります。


そうそう、この後もわな美さんとのやりとりは続きます。

『実はTwitterのアイコンもお願いしたいと思っていまして・・・』

・・・予約でいっぱいで、しばらくは出来ないそうです。
手を加える感じですか?』とおっしゃるので、『はい』と言うと、


『こんな感じでしょうか?』


いい!!いいぞ!!好きだ。でもなんか臭そう。


『ちょっとちがうw髪飾りみたいなw』


あまりにもびっくりなイラストについタメ口をきいてしまいます。


『こんなんですかね?』

『ぶりが釣れている感じです(笑)』


触覚でぶり釣ってるーーーーー!!!
これか頭にデカいぶりが乗ってるのがいいなー!

すると、これで良ければ使ってくださいというではありませんか!!
丁寧で優しい上に太っ腹です。惚れそうです。

注文のうるさいわたしに付き合っていただいて、可愛い名刺をつくっていただいた上に、アイコンまでゲットして、楽しい時間まで過ごすことができました。

やってみたいと思ったことはやってみるもんですね!とても良い経験になりました。

今ある名刺がなくなったら、またぶり子に新しい可愛い服を着せてもらおうと思います!
それまでに、良い記事を沢山書いて、沢山の人たちに読んでもらえるように頑張ろうと思います。

長文お付き合いいただきましてありがとうございました (^▽^)