30BY 純米大吟醸 夏田冬蔵 秋田酒こまち<限定生酒> 香りと味わい6日間

秋田から取り寄せて、のんびりと呑んでいました。天の戸には、精選 生・じゃごたろ・美稲80など、1升瓶2000円前後で美味しい純米酒がありますが、ちょっと贅沢なシリーズも存在します。

夏田冬蔵

【夏田冬蔵】は、天の戸の杜氏である森谷康一さんのペンネームとして知られています。

もともとは純米大吟醸シリーズだったのですが、今は酒こまち×美山錦で醸す通称こま美も加わり、丁寧で小さな仕込みで、特約店とのみが販売するお酒です。

その中でも【酒こまち】と【星あかり】は特に、わたしのお気に入りです。

今回は【酒こまち】をいただきます。

もくじ

開栓当日

開栓3日目

開栓6日目

開栓当日

純米大吟醸 夏田冬蔵 秋田酒こまち<限定生酒>

原材料名  :米・米麹
使用酵母  :自社酵母
アルコール分:16度
精米歩合  :40%
原料米   :秋田県産「特別栽培米・酒こまち」100%
上槽方法  :槽しぼり
貯蔵方法  :低温貯蔵
2019年2月上槽
製造年月 2019.5.


浅舞酒造株式会社
秋田県横手市平鹿町浅舞字浅舞388


夏は田んぼで米つくり。冬は蔵で酒を醸す。横手盆地の真ん中、蔵から五キロの酒米で心をこめて仕込みました。


舌先に口内炎が出来ているので、少し自信がないのですが・・・

香りは品があり、キャラメル混じりの洋梨のような香りです。

温度が上がると、ねっとりとしたキャラメルのような香りが甘く香ります。
温度は冷蔵庫から出してすぐよりも、少し常温に戻してあげたほうが甘く香って好みでした。

しっとりした香りで、寒い季節や梅雨にぴったりです。

開栓当日は少しざらつきがあります。
天の戸らしく、苦味・渋みなどの小さな雑味が集まってバランスの良い旨味になるお酒。

味わいにも甘味の他に、塩味・苦味・辛さなどもあるので、全体的に旨味のあるお酒なのですが、粘度はなくサラッとしています。含み香の余韻が長いです。

開栓3日目

透明感のある甘い香りです。冷蔵庫から出してすぐは、和三盆や、洋梨。
空気の澄んだ、夜の草原のようなイメージです。

わかりにくいですね。
温度が上がるとキャラメルのような香りになっていきます。初日と香りの印象はあまり変わりません。

味わいはざらつきが落ち着き、柔らかくふくよか。
雑味が纏まり、初日に気になった苦みや塩味などは突出していません。
甘味が強く、溶けてなくなるな舌触りで、最後にジューシーな酸が残ります。

舌の口内炎がなおったら絶好調です!

開栓6日目

洋梨、甘いキャラメル香のような香りは初日とあまり変わりませんが、大きく変わったところと言えば、まったりと、ふくよかでマットな舌触りになっています。
レーズンのような香りと、酸味も目立つように思います。

温度が上がると、ココアのような香りと甘みでこれも美味しいですね。軽くお燗につけても面白いかもしれません。

この瓶の中身は、これが完成形かなと思います。

酒飲みにおススメの投稿はこちら!

お酒は20歳になってから。のんべーほど、酒量はほどほどに。