6月8日のぶり子日記②にこらすに、名刺を置いてくる話。


この話の前の出来事はこちらです。


『こんなに早い時間に、何の用だ。酒呑ませろとか言い出すんじゃないだろうな。イヤな客だ』と思われるのがいやで、店に入るなり、「こんにちはー名刺を置きに来ましたー!」と、挨拶します。

小原さんは、「あ、ぶりこさん、こんばんはー」とでも言うような、呑みに来た時に顔を出した瞬間と、同じ表情をしています。

その顔を見て安心したら、『名刺と、にこらすっぽいものを一緒に撮影して、仙台デイズのイベントページに上げよう。・・・看板が良いな』と思い付いて、店の外に出て看板と一緒に名刺を撮ります。


心配して小原さんが顔を出したので、「看板と名刺を、撮影しておこうと思って」と説明をして、お店に戻ります。

入口近くにある田沢湖ビールのサーバーを見ると、ビールが呑みたくなりました。
まだ営業時間ではないので、我慢して名刺立てと名刺を渡します。

どれくらい名刺立てに入れておいたら良いのかわかりませんが、どうせ1週間もすればまた来るのでしょうから、20枚も置いていないと思います。

6月27日に国分町で開催する貴醸酒のイベントと、7月開催予定のワイン会の割引券にもなる名刺ということにしましたが、イベントは値引きなどをしなくても、当日には満席になるだろうと予測しています。

では、なぜ値引き券にしたのかというと、自分と、自分が好きなお店の、宣伝になると思ったからです。有名ブロガーになることにしたので、目立とうとしています。

あがり症なのに。

割引券として使ってくださる方がいらっしゃったら、嬉しいですね。
このイベントに参加してくれて、しかも、自分の好きなお店にこの人も行ったのね~!と知ったら、わたしはきっと喜びます。


「平日開催のイベントは、3日前位にならないと参加者様が集まらないんで、不安なんですよねー。前回も活性にごりだったけど、今回は貴醸酒だから、益々マニアックじゃないですか。日本酒好きでも呑んだことない人いるし、呑む機会もないじゃないですか。店にもないし。前回の参加者様に、次は貴醸酒の会をやりますって言ったら、貴醸酒ってなんですか?って聞かれたんですよ」

と、心の隅っこにある不安をぶちまけました。「大丈夫ですよ、1週間くらい前になれば、また集まりますよ」と言われて、自分もそうは思っているけれど、人に言われるとまた少し安心できるものなのだなと思いました。

この人は良い人です。

こうして話をしていると、やはりなかなか良い男です。

色白で、どちらかといえばイケメンだけど、好みの顔ではないなぁ。ていうか、好きになったりしたら、変な感じになってお店に通えなくなるかもしれないから駄目だな。

そんなことを思いながら、軽い調子で「では、よろしくお願いしまーす」と言って、店を出ました。




坂道を登り、西公園へ戻ります。


雨は上がりましたが、Mちゃんはわたしからのメッセージに既読すらつけません。

『博物館、楽しんでるんだなー』と、ほんわかした気持ちになりながら、日本酒と西公園の看板の前に突っ立っています。


『どうしようかな。お腹が空いたけど、ここには食べたい物がないや。お好み焼きとか、餃子が食べたかったなぁ。Mちゃんも遅いし、やっぱり千極さんに行きたかったなぁ。この辺りでラーメンと言えば、二郎かぁ。二郎行こう。今日は、Twitterのキレイなジャイアンの人も行ったみたいだし、誰か居ると良いな。ラーメン小・少なめ・10カタ・ニンニクアブラかな』

わたしは日本酒と西公園の看板の前で突っ立ったまま、じっくりと考えて、二郎に向かいます。

地下鉄・大町西公園駅の横断歩道で、【まるたけ】と【まるいけ】の店主さんとすれ違いましたが、気付いていないようでした。

しばらく行っていないので、忘れられたのかもしれません。

つづく

人気の、二郎 仙台店の記事はこちら

この話の前の出来事はこちらです