ヒトミワイナリー 縁 yukari 2018 デラウェア 香りと味わい。飲んだ感想


決めなくてはならないことはあるけれど、いくら考えても良いひらめきが来ない。
ひらめいても、形にする方法がひらめかない。

または、あれもこれもひらめいていて頭がいっぱい。そんなことはないでしょうか。

わたしは今まさにそのような状況です。


しかし、考えておくのは悪いことではありません。どこかで、それを使う日が来るからです。

頭がいっぱいになったら、他のものを頭から放り出します。

例えば、ヒトミワイナリー 縁 yukari 2018 Deraware についての感想を書く。そのようなことです。(ノーブラで)


ヒトミワイナリー 縁:yukari
2018 Deraware


山形県高畠町の武田信宏さんが育てる畑は、穏やかな北向きの斜面の静かな山の上。夜には蛍が飛び回る静かな所です。そこで育まれたぶどうの美味しさを素直に感じられるよう仕込みました。私たちと農家さんの ′ 縁 ′ が生み出すワインをお楽しみいただければ幸いです。清澄・濾過を行っていないので成分が沈殿しますが、身体を害するものではありません。

白/辛口 発泡性あり

●日本ワイン
●品目:果実酒
●原材料名:ぶどう(山形県産)
●内容量:750ml
●アルコール分:10%


製造者:滋賀県東近江市山上町 2083
株式会社ヒトミワイナリー
0120-80-4239

この日は夕飯時にいただきました。

ゼリー寄せとホタテとえびのカクテル、残っていた讃岐クラウディーというヨーグルトのような香りと味わいの日本酒で鶏の日本酒煮、鮭のライスグラタン。

食事に合わせやすく、ワインだけでも美味しくいただくことができます。

噴き出すことはしませんがしっかりと発泡しています。
バナナやパイナップルに、柑橘のような香り。

りんごジュースのような味わいで、後に優しくレモンのようなキュンキュンな酸と少しの渋みがあり、ゴクゴク呑めます。

ワインだけで呑んでいると、口の中がたくさんのデラウェアを食べたような感覚になります。

程よいミネラル感でバランスも良いと感じます。

今まで呑んだヒトミワイナリーのワインではいちばん好きです。

香りも味わいもキレイで、酸もキラキラしていて良いですね。
底に行くにつれ、にごりが強くなると梨のような味わいも感じます。


ラベルの、ホタルが飛び交う景色を眺めて、「こんな風に、キレイな水からつくられたぶどうなのだろうな」などと思いを馳せます。

優しい気持ちでつくられたワインは、人の気持ちまで優しくするのではないでしょうか。

とても癒される美味しいワインでした。
これはリピート確実です。


お酒は20歳になってから。のんべーほど酒量は、ほどほどに。