2019 伊勢角屋麦酒 コスタリカ コーヒーエール 香りと味わい

令和元年5月7日であります。10連休明け。

暇で仕方がない、と言うか、書きたいことが溜まっているのでラーメン食べるのと酒屋さんへの支払い以外はブログ更新をして過ごしたい本日。

まず1投稿目は、安定の伊勢角屋麦酒からこちらの1本。

伊勢角屋麦酒 コスタリカ コーヒーエール

気付いたら賞味期限15日くらい切れてた。


伊勢角屋麦酒 コスタリカ コーヒーエール

名称:発泡酒(麦芽使用比率95%以上)
原材料名:麦芽、ホップ、コーヒー豆(コスタリカ産)
アルコール分:5%
内容量330ml


製造者:有限会社二軒茶屋餅角屋本店
三重県伊勢市神久6-8-25

製造所:伊勢角屋麦酒 下野工場
三重県伊勢市下野町564-17


【2019 伊勢角屋麦酒 恋 来い みかん】のんでみた。香りと味の感想。

でも書いたように麦芽比率50%でビールと名乗れるので、麦芽比率としてはビールと名乗ることができる濃さですが、コーヒー豆が入っているという理由から名称が発泡酒となっています。

伊勢にある「なかむら珈房」さんこだわりのコーヒー豆は、伊勢志摩サミットにも使われたという、地元民自慢のコーヒー専門店です。

伊勢角屋麦酒ペールエールに、コーヒーフレーバーを付けるために、なかむら珈房さんの協力を得て選んだのは、風味豊かな高級豆・コスタリカ産のコーヒー豆です。

丁寧に選別し、最適な焙煎を施していただき、漬け込み時間は双方で追及して仕上げました。
泡色のビール&コーヒーの香り。
ギャップをお楽しみください。


遊び心はあるのに素材にこだわって丁寧につくる。
変わり種であっても、今まで外れの無い伊勢角屋麦酒だから、今回もうまいだろうと安心して開けることができます。

グラスに注ぐと泡は粗い。

香ばしくてフルーティーなコーヒー豆の香りがしっかりと感じられます。
味わいはライト~ミディアムなタイプ。

フルーティーさから甘さを感じるのですが、香ばしいコーヒーの苦味を受け止めた後に、ビールの苦味がしっかりとくる。

コーヒー豆を齧ったような香りで、コーヒーとしての上質な香りを感じられます。

ビールと一体化しているのが面白いですね。
違和感がありません。
苦味や酸味など、コーヒーとビールには共通点も多いのだなと発見できました。

軽やかな口当たりではありますが、香り豊かで強い苦味からか、かなり飲みごたえのあるビールです。
苦くてどうにかなりそう。

底にいくにつれ、沈殿物が見えてきます。コーヒーによる浮遊物でしょうか。
酸も立つように思います。

肴にお肉合いましたよ。

満足感が強く、面白いビールでした。


感想はこの辺で。
お腹空いたな。

お酒は20歳になってから。のんべーほど酒量は、ほどほどに。