【宇都宮餃子館 健太餃子 東口店】で朝ごはん。餃子とラーメンでビール。

道の駅 うつのみや ロマンチック村という素敵な名前の道の駅で、温泉とクラフト生ビールを満喫したわたしは、朝食を食べるために餃子屋にむかった。
だって、宇都宮だもの。

宇都宮餃子館 健太餃子 東口店

なぜここを選んだのかと言うと、早朝に開店するからである。
6時半開店なのだ。到着時刻は、8時半。

店の向かいには大きな駐車場があるのだが、店の横にも駐車場はある。

冷凍餃子が販売されていたし、朝食バイキングもあったがわたしは餃子を食べに来たのだ。

それからこれは食レポや飲食店の紹介記事を書くつもりではなかったので写真もコメントも情報も少ないです。

入店して知らされたのだが9時にならないと料理する人が来ないらしく、出せるのは朝食メニューのラーメンと、健太餃子と朝食バイキングくらいだった。
他にもあったかもしれないけれど忘れた。餃子は健太餃子しか頼めないというのは確か。

取りあえず生ビールといきたいところだったが、生ビールも料理人の方が来ないと出せないそうで瓶ビールを頼んだ。

お通しに歯ごたえの良いメンマ。これ嬉しい。

健太餃子と、醤油ラーメンも注文。

ラーメンの味は覚えていない。取り立ててまずいということも、美味しいということもなかったのだろう。

餃子は野菜のザクザク食感が気に入った。美味しい。
ラーメンと餃子を食べているうちに9時になったので、蒸し餃子と、スープ餃子も注文した。

書いていてお腹が空いてきたのだが、二日酔いのため食べたくも飲みたくもないのでこのまま書き続けることにする。

スープ餃子は体が温まって良かったな。胡椒がきいていた。

そういえば、ラーメンのスープも胡椒がきいていた。普通ではない胡椒の量だったな。
いろいろな種類の餃子が食べられるもので、中に何が入っているのかわからないのが面白い。

蒸し餃子は皮がもちもちしている。温かいうちは美味しいのだが、冷めると生地が美味しくなくなる。
ひとつだけレモンを搾って食べてみたが、合わないし味付けがハッキリしなくてわたしには美味しいとまでは言えない。
でも早朝からこんなにちゃんとした食事をとることが出来て嬉しかったし、ここに来てよかったな。

焼き餃子がいちばん美味しかった。

朝から瓶ビールは多いな。ひとりで呑んだし。

この後は栃木市にある岩下の新生姜ミュージアムに向かいます。
明日書こうかな。