道の駅 うつのみや ろまんちっく村【クラフトブルワリー】地ビールと温泉あり。車中泊におすすめ

2019年のゴールデンウイークは10連休。
優雅な休み感を出すために朝酒をしたわたしはご機嫌で洗濯物を干して、とりあえず栃木へ向かうことにした。

出たのは確か昼過ぎで、最初の目的地である【道の駅 ロマンチック村】に着いたのは夕方5時半。


妻の楽園にはきっと美味しい食べ物と美味しいお酒が上げ膳据え膳。
そして美味しそうな男がいるに違いない。

そうであって欲しいという欲望。

そんなことを考えながら閉まりかけた産直所を軽く見る。

調味料が豊富なのだが、他県のものもたくさんある。
手作り感のあるお弁当が半額、岩下の新生姜、地ビール、おみやげ物、日本酒、ワイン、苺に野菜。
トマトの苗や鉢植えの花も販売していた。

品揃えが豊富でゆっくり見たいのだが、もう閉まる時間。
ここは熱帯温室やドッグラン、温泉、プール、クラフトビール工場とそのビールを提供するレストランなどがある。

車中泊には最高だが現時点ではRVパークがないのが残念である。

塩素臭くて具合が悪くなりそうな温泉を堪能したわたしは、いちばんの目的である【クラフトブルワリー】へむかった。

温泉は仙台に比べたら安いし、果物がたくさん張り付いたアイスが美味しそうだったし、瓶の牛乳やマッサージチェアもあり良かった。
シャンプーとか、温泉にありがちなリンスインシャンプーのオレンジの香りがするやつだったけど。

最高だろ。
温泉上がりに生のクラフトビールを食事をいただきながら呑めるんだから。

麦太郎とか餃子浪漫とか麦次郎とか、かと思えば黒ビールとか。
ネーミングセンスが悪いというか雑過ぎて逆に面白いだろ。

【仙台 ぶり子】という名前をつけた自分も負けないくらいセンス悪いという自覚はある。

センスが悪い名前の(実はすごく好きだ)瓶ビールも気にはなるけれど、せっかくブルワリーに来たのだから生ビールを呑まなきゃもったいない。

というか、生ビール呑みに来たんだもん。

1杯目に栃の彩IPAをいただきました。

濃いオレンジ色の、少しにごりがあるビール。
爽やかな柑橘香に少しバナナのような香りが混ざる。
瑞々しくフレッシュ。甘さの後に麦芽感のある苦味がしっかり。
フルーティーだ。

2杯目は、栃の彩ゴールデンエール。

バナナチップのような甘い香り。
キャラメルともいえるような香ばしさがあり、味わいも甘い甘い。
泡はゴールデンエールの方が強い。

どちらも美味しいビールであった。

メニューはお食事メニューも豊富だが、おつまみを食べることにした。
まあ、こんなもんでしょう。というようなお味で美味しいビールが呑めて大満足。

霧降高原牛のハンバーグわけてもらったの美味しかったな。

1日目はこんな感じで終えました。

道の駅 うつのみや ろまんちっく村
公式ホームページ