【ワイマーケット飲み比べ】 ヒステリックIPA ホップセダクション セッションIPA ルプリンネクター


シンプルなラベルの缶ビールが気になっていました。
今回はY.MARKET BREWING(ワイマーケット ブルーイング)のビール3本呑んでみました!



メニュー


①HOP SEDUCTION SESSION IPA(ホップ セダクション セッション アイピーエー)

②HYSTERIC IPA(ヒステリック アイピーエー)

③LUPURIN NECTAR(ルプリン ネクター)

④Y.マーケットの特徴


①ホップセダクション セッション IPA

Y.マーケットブルーイング ホップセダクション IPA

名称:ビール
原料名:麦芽、ホップ
アルコール分:4.5%
内容量:350ml

製造者:(株)ワイマーケット
名古屋市中村区名駅4-16-19
製造所:名古屋市西区木前町64

実はスペックを記載する背景色とラベルの色を、似ている色にするのが好きな作業だったりします。

この3本の中では最も泡が立ちやすく、透明感のある色でした。
柔らかくてふわふわとした泡で味は癖がありません。

柑橘、青い草と、ハチミツのような甘い香りも感じられます。

呑んでみると、軽やかな芳ばしさを感じる麦芽の香りと苦味を飲み下した後に、ジューシーさがキュンキュンの酸と一緒に戻ってきます。
ミカンのような柔らかい柑橘の香りと甘さがあって、飲みやすい。
全体に苦味を感じますが、他の味わいを邪魔することなく程良い苦味です。

みずみずしさのある酸が後を引いて、すぐになくなりました。
春夏にのみたい、軽やかで飲みやすいビールです。

ハンバーグと一緒に食べていたら、含み香にラムネのような香りを感じました。

②ヒステリック IPA

Y.マーケットブルーイング ヒステリック IPA

名称:ビール
原料名:麦芽、ホップ
アルコール分:7.0%
内容量:350ml

製造者:(株)ワイマーケット
名古屋市中村区名駅4-16-19
製造所:名古屋市西区木前町64

これは、ほぼ、ぶり子カラーです。(自称)

ぶり子カラーはこれくらい、ちょっと紫か。
え?知らないの?

泡を立てようと思いましたが、立ちにくいです。
柔らかくてふわふわの泡。

黄色いグレープフルーツのような柑橘の香りです。

飲んでみるとさっぱりとしていてますが、ジューシーで、とてもみずみずしいミディアムボディです。

みかんのような甘さがあって、程よい苦味が残ります。
こちらもあと引く美味しさです。ごくごくのみたい。

キレイな酸と、グレープフルーツのような苦みがありますが、主張しすぎない苦味です。

グラスは荒川尚也さんの渓流グラスです。
泡が入った透明度の高いガラスが、まるで天の川のようで気に入っています。

③ルプリン ネクター

Y.マーケットブルーイング ルプリン ネクター

名称:ビール
原料名:麦芽、オーツ麦、ホップ
アルコール分:7.0%
内容量:350ml

製造者:(株)ワイマーケット
名古屋市中村区名駅4-16-19
製造所:名古屋市西区木前町64

濁りが強くて向こう側が見えません。

無添加ストレート果汁100%のリンゴジュースのような色味です。

香りはシトラスにりんごやマンゴーのような甘い香りが少し混ざっています。

こちらも瑞々しく、香りの爽やかさと比べると、ネクターのようにトロトロとした舌触りでトロピカル、フルーティーな味わいです。
ジューシーなみかんのような甘味を飲み下したあとにほろ苦さが残ります。
ヒステリックよりは苦くないですね。

軽やかなNEIPAというような印象です。
(濃厚なNEIPAといえばブリューベース

アルコール度数7%を感じさせない軽やかさで飲みやすいです。
ゴクゴクと飲みたくなります。

美味しいですね。この3本ではルプリンネクターが1番好みです。


今回、Y.マーケットのビールを3本飲んで、共通して思ったこと、特徴は

みかんをほうばった時のようなみずみずしさがある。

軽やかでゴクゴク飲みたくなる。実際にゴクゴク飲んでも旨い。

苦味はあるけど、目立ちすぎない。
甘味などを引き立たせる程度のさり気ない苦味。

全体的にバランスが良く、飽きない。

でした。

春夏に飲みたいビールだと思いました。
ゴクゴク飲めちゃうビールはコスパが悪いように感じるのですが、2本くらい豪快にゴクゴク飲んだら気持ちいいだろうな。

味としてはルプリンネクターが好きなのですが、ホップセダクション セッションIPAを贅沢に飲んでみたいです。

次に買うときは1種類あたり2~3本買ってゴクゴク飲もうと思います。
Y.マーケット、リピート決定です!!

お酒は20歳になってから。のんべーほど酒量は、ほどほどに。