【飛良泉 飛囀(ひてん)3本呑み比べ】鸙(ひばり)鵠(はくちょう)雛(ひな)

今回は、飛良泉 飛囀(ひてん)シリーズの呑み比べをします。

使用酵母違いの3本です。


こういうの、大好き。

もくじ

①30BY の飛良泉について

②飛良泉 飛囀 鵠(はくちょう)

③飛良泉 飛囀 鸙(ひばり)

④飛良泉 飛囀 雛(ひな)

⑤購入店と肴

①30BYの飛良泉について。

30BYから現在専務であり、次代27代目蔵元となる齋藤雅昭さんが造りに参加し新しい風が吹いている飛良泉

実はあまり呑んだことがありません。
縁があって呑んできたものが、好みではなかったから、進んでは呑まなかったのです。

全く興味はなかったのですが、料理に合わせて居酒屋の店主に出してもらった飛良泉の山廃純米吟醸生酒がとても美味しかったことと、その酒を呑む前に日本酒仲間から「今年の飛良泉は面白いよ」という話を始めに書いた事柄を含めてを聞いていたことで俄然興味が湧きました

飛良泉 飛囀(ひてん) 鵠(はくちょう)

飛良泉 飛囀 鵠(はくちょう)
山廃純米吟醸


原材料名  :米(秋田県産)、米麹(秋田県産米)
原料米   :秋田県産 秋田酒こまち100%使用
酵母    :きょうかい酵母No.77
精米歩合  :麹米50%、掛米60%
日本酒度  :-24.0
酸度    :5.5
アルコール分:15度

株式会社 飛良泉本舗
秋田県にかほ市平沢字中町59
0184-35-2031

スペックを見るだけでワクワクしますね。
日本酒度-24というのもなかなか見ませんが、酸度5.5

わたしが呑むお酒で派手でないものは、だいたい日本酒度:+2、酸度:1程度です。

日本酒度マイナスの甘さを、酸でスッキリとさせ、バランスを取る。
わたしが初めて呑んだそのようなお酒は、仙禽が初めてでした。
仙禽ほどではありませんが、花浴陽もそのタイプのお酒ですね。

では、呑んでみましょう。

香りはフレッシュプラムのような爽やかでほんのり甘い香り。乳の香りも感じます。
甘酸っぱく滑らかで軽やかなライスジュースのよう、または、今まで呑んだ日本酒の中では1番ワインのような日本酒だと感じます。

サラサラ飲めます。

裏書きにあるように口に含んだときは軽やかなリンゴ酸が鮮やか。

すぐにスッと切れるかのように感じますが、中盤の綺麗な甘味と、小さな旨味の粒を酸と共に静かに受け止めた後に、キュンキュンとしたクエン酸が戻ってくるように残ります。

切れはよいのですが切れを迎え撃つように戻ってくる酸がおもしろく、癖になります。

うまいですね~。
好みは分かれるのでしょうけれど、わたしは好きです。

ピチピチとしたガス感はないのですが、後味はCCレモンのようなキュンキュンする酸味です。

山廃純米吟醸。日本酒度-24の稀に見る甘さと、酸度5.5の、飛び抜けた酸が見事に調和し個性的で美味しい日本酒に成っています。

開栓から10日経っていますが、全く崩れません。

飛良泉の繊細なようで芯のある山廃。惚れました。

派手な酒ですが、繊細さを感じる味わいは意外にいろいろな料理に合わせられそうです。

飛良泉 飛囀(ひてん) 鸙(ひばり)

飛良泉 飛囀(ひてん) 鸙(ひばり)
山廃純米吟醸

原材料名  :米(秋田県産)、米麹(秋田県産米)
原料米   :秋田県産 秋田酒こまち100%使用
酵母    :AKITA雪国酵母UT-2
精米歩合  :麹米50%、掛米60%
日本酒度  :-2.0
酸度    :1.9
アルコール分:15度

株式会社 飛良泉本舗
秋田県にかほ市平沢字中町59
0184-35-2031

メロンや花のような甘い香りに乳の香りが混じります。

粘度のある舌触り。でも軽やかなのは15度の原酒だからでしょうか。

たまりませんね。

洋梨や焼きバナナを使ったケーキやブリュレ食べたくなります。
チーズもあいそうです。

チーズちくわを食べてますが合います。
ちくわって意外に生臭いのですよ。

焼きハタハタもいけます。

ねっとりとした粘度はありますが綺麗な味わいで、飲み干した後、忘れた頃にキュンキュンとした甘酸と渋味が来ます。

スッキリしているのに濃厚でサラサラ

不思議な酒です。
甘味はしっかりありますが、それをスッキリさせるくらいの酸があるということです。

しかもサラサラ。山廃だからでしょうか。白麹を使用したお酒にも似たサラサラ感です。

飛良泉 飛囀(ひてん) 雛(ひな)

飛良泉 飛囀(ひてん) 雛(ひな)
山廃純米吟醸

原材料名  :米(秋田県産)、米麹(秋田県産米)
原料米   :秋田県産 秋田酒こまち100%使用
酵母    :自社培養(オリジナル)
精米歩合  :麹米50%、掛米60%
日本酒度  :-2.0
酸度    :1.8
アルコール分:15度

株式会社 飛良泉本舗
秋田県にかほ市平沢字中町59
0184-35-2031

爽やかさのあるマスカットに白いちじくのような香りがするこちらは、この3本で最も甘さを纏った粘度を強く感じるお酒。

乳の香りも強いですね。
ヨーグルトのような香りと感じます。

オフフレイバー・・・とまではいわない、わたしにとってはギリギリ不快ではない、ヨーグルトのような香りというところです。今のところはですね。
とは言っても開栓から10日経っているのでまだ美味しく呑めるのは優秀と言えます。

サラッと入るのですが、円やかな舌触りに、甘さが乗り、広がります。レーズン様の酸味に追ってキュンキュンする酸と、苦み。

味わいの全体はフラットで派手さは控え目に感じるのですが、面白いお酒です。

どれも乳の香りがあるのは、飛良泉の山廃の特徴なのでしょうか。
もっとたくさんの山廃をのんで
確かめたいです

⑤購入店と肴

今回、この3本をお願いした佐藤勘六商店さんでは、イチジクが有名です。
今回は、甘露煮も一緒に取り寄せしました。

飛囀シリーズでは、はくちょうが1番合います。

柔らかく歯ごたえもある甘露煮は、後に酸もあり、甘さを抑えた上品な味わいです。

お燗酒にも合わせてみたいですし、季節になったら勘六さんから生イチジクと日本酒を取り寄せて日本酒を呑んでみたいです。

冷凍していたハタハタを、塩焼きしました。

日本酒でも臭みが気になりやすい肴です。

甘さのあるお酒でしたが、強いのに強引ではない酸とサラサラ感で、和食にも合い臭みは気になりませんでした。

酵母違いで(はくちょうは白麹なのでその違いもありますが)こうも違うお酒を楽しめて、良い時間になりました。

ごちそうさまでした。

****************
お酒は20歳になってから。のんべーほど、酒量はほどほどに。