30BY 雪の茅舎 美酒の設計 純米吟醸 生酒

秋田へ帰省した時に、トピコの石川酒店で購入してきました。
雪の茅舎の人気酒【美酒の設計】です。
ここの酒屋は行くと何かしら買ってしまいます。

駅近の酒屋とあなどるなかれ。手に入れにくい酒も並んでいるのです。

雪の茅舎は某酒屋のPB商品が一番好きですが買いにくくなると困るので何かは秘密です。
知りたい方は、こっそり聞いてください。

ピンクラベルの日本酒ヌーボーも美味しいと思いますが、全体的にここのお酒は好みのタイプではありません。
特に、この美酒の設計の生は濃厚甘口で重たい印象があり、好んで呑みませんでした。
しかし、持ち寄り会などに持っていくと喜ばれるので、年に1本は買います。

雪の茅舎 美酒の設計 純米吟醸 生

原材料名:米(国産)米麹(国産米)
原料米 :兵庫県産山田錦100%使用
精米歩合:55%
使用酵母:自社酵母
製造年月:2019.03

製造者
齋彌酒造店
秋田県由利本荘市石脇字石脇53

立ち香に、洋梨のような甘い香りに混じってヨーグルトのようなムレた香りがあります。

呑んでみると、いくつもの雑味で成す旨味を強く感じます。
酸はさりげなく全体を支える程度の控えめな酸で、瑞々しさを呑み下した頃に少しキュンとします。味としての辛さがある酒です。

3日目になると雑味が馴染んで1つの滑らかな旨味になりました。
後にあった瑞々しさは、今は味わいの隅々にまで行き渡ります。

今年はサラサラとした飲み口で呑み飽きしにくいです。
生原酒だったと思うのですが、このサラサラ感と瑞々しさは、加水ではないかと思うほどです。

1回火入れではなく生酒、ガス感があるわけでも、酸が強いわけでも、低アルコール酒でもないのにこのような飲み口はなかなかないように思います。

苦味に似た辛さがあるのは蔵の特徴でしょうか。
両関の辛さとよく似ています。
花邑も甘いですが、後味には両関の辛さがあります。

キレが良いという意味の辛口ではなく、味としての辛さで、例えると生の大根のような苦味とも感じられるような辛さが近いです。
これが口に含んでから呑み下すまであります。気にしない人もいれば好き嫌いのある味です。

嗜好品なのでどれもそうですが、感じている味わいが人によって違うことを思うと興味深いですね。

ヨーグルト香はオフフレイバーだと思いますが、それほど強くはないので気にならない方が多いでしょう。
わたしもこの程度であれば最後まで呑み切ります。
タンクが違えば無い香りだと思うので、外で呑む機会があれば呑んでみたいです。

大勢で呑むことが多い酒なので、このように味わいを意識して呑んだのは数年ぶりです。
面白く、美味しい酒だと思いました。バランスも良いです。

雪の茅舎のお酒は、改めて、自宅でもじっくりと向き合っていきたいと思います。


ごちそうさまでした。

追記:開栓1週間、ヨーグルトのようなムレ香が濡れた雑巾のような匂いになっています。とても飲めません。

*************
お酒は20歳になってから。のんべーほど酒量はほどほどに。