志賀高原ビール【House IPA】苦い!!!

衝撃的なビールでした。

どうやらIPAファンの間では有名なビールらしいのですが、旨いってなんなのだろうかと深く考える機会をくれた1本でした。

では、ビールの感想に参りましょう。

志賀高原ビール House IPA(ハウスIPA)

名称    :生ビール
原料名   :麦芽・ホップ
アルコール分:8.0%
内容量   :330ml

製造者
株式会社 玉村本店
長野県下高井郡山ノ内町平穏1163
0269-33-2155

色は、にごりの少ない明るいオレンジ色。
香りはグレープフルーツのような、酸を強く感じる香りです。

口に含むと、とてもジューシーで、舌に乗る甘さの余韻が長いです。

苦味はあとから。酸があるからか、線は細いのですが、かなり強いキリキリとした苦味です。

苦い!あとから苦いです!

メロンを食べたあとに水を飲んだときのように苦い、口の中がいつまでも苦いです!

苦ーい!

口の中も舌の根本も喉の入り口も苦い!

苦くて泣きそうだ!

わたしの口内大丈夫だろうか!今この口で日本酒飲んでも苦いんじゃないのか!

とにかくウリ系のような激しい苦味です。
わたしはあの口に残る苦味が苦手なので、胡瓜、メロン、スイカも避けるのですが(ゴーヤは大丈夫)、苦味が好きな方に呑んだ感想を聞かせていただきたいたいですね~。

なかなかここまでの苦味はないと思います。

いろいろな味わいがあって、それぞれが好むものがある。面白い体験になりました。

**********
お酒は20歳になってから。のんべーほど酒量はほどほどに。