②『愉海亭 みやじま』の料理と日本酒。


温泉で温まり、くじ運の悪さも忘れリラックスした気分になった頃。

夕飯は、海が見える食事処でいただくことになりました。

前菜が左から、ふぐたたきぽん酢ゼリー、ローストビーフだだちゃ豆ソース、数の子と菜の花。

ローストビーフをだちゃ豆のソースでいただくのは味が想像できずドキドキしましたが、意外と美味しいです。面白い。

数の子はツマミに最高ですね。

ふぐは初めて食べたのでよくわからないですが、すべてを掻き消す香草の香りと酸味の強いポン酢でますますわかりません。

庄内浜では天然のとらふぐが獲れ、以前から築地などにおろしていたそうです。

最近では『食の都庄内とらふぐキャンペーン』や加茂水族館・別名くらげ水族館のレストラン『沖海月』でも庄内浜の天然とらふぐを堪能できるなど、地元でも扱うところが増えています。

お刺身はカンパチ・甘海老・ヤリイカ・平目。

鮮度が良いです。

鱒のムニエルと頭から食べられるガサエビの素揚げは海老のソースで。


ガサエビも初めて食べました。他のえびよりも殻が柔らかくて食べやすいです。そして素材の味が濃い。

ガサエビうまー

すき焼きは普通です。
次に宿泊してすき焼きつきのプランにするならば、山形牛や米沢牛のすき焼きを選びます。
なければ他のプランにします。

ずわい蟹の甲羅蒸し






口にブロッコリーぶっ刺されて出てきました。

わたしは蟹アレルギーになってしまって、食べることができません。
餡がかかっていて、身が柔らかそうで美味しそうでした。

庄内ではズワイガニがよく獲れます。

寒鱈汁。

大きな寒鱈を使っているそうで、胃袋がコリッコリです。

美味しーーーーい!!


わたしは身の部分よりも好きです。白子もふわふわで、アラはトロトロとろけます。

海苔が分厚い板状のあおさ海苔のような食感で香りも良く美味しいです。気に入りました。

枝豆と栗のご飯。

これで日本酒が呑めてしまいます。自然な甘さです。
温泉旅館ではあまりごはんを食べないのですが、山盛りにして食べました。

デザートにはごまプリンをいただきます。アップルパイに使うような、りんごを甘く煮たものが乗っていました。


胡麻のスイーツで喜ぶ子供はあまりいないと思います。
デザートを楽しみにしていた子供は少し残念そうでした。

お子様ランチは他の温泉旅館と比べると美味しそうでした。

全体的に味は良いと思います。日本酒にも合う内容です。

ということで!よし来た日本酒!

まず「大山です」とだけ言われていただいた食前酒ですが、柔らかくふくよかでキレが良いです。

透明感があって宿でいただいた食前酒の中でも特に美味しいです。
風味からこれは本醸造生ではないかと感じます。

帰り際に確認したところ、大山の生酒とこたえてくださいました。



利き酒は5種類です。

この日の『愉海亭 みやじま』の日本酒メニューは大吟醸、吟醸、本醸造、中身のわからない熱燗で、純米酒はありませんでした。

この利き酒5種は、大吟醸のみという贅沢なセットで、全部で一合分くらいと書いてありました。


自分では純米酒ばかりを選んでしまうので、5種類も大吟醸を味わうことはなかなかありません。
機会があるとすれば、大きな日本酒のイベントくらいです。


チェイサーは瓶ビール。お水もお願いしていただきました。




量が少ないため、簡単な感想だけ。

左上から、

栄光富士『古酒屋のひとりよがり』大吟醸

山田錦 精米歩合40%
酵母     :10号酵母
日本酒度   :+4
酸度     :1.0
アルコール度数:16.8度

キレッキレです。10号酵母=小川酵母なので、やはり香りはくどき上手に似た果実香です。

出羽の音『酒のいのち』大吟醸

山田錦 精米歩合35%
酵母     :山形KA
日本酒度   :+2.5
酸度     :1.1
アルコール度数:16.3度

かたい感じの、しっかりとしたお酒です。
入りはスムーズですが、後から香りと味わいがぐっときます。

大山『槽掛け雫酒』大吟醸山田錦40%

酵母     :山形酵母
日本酒度   :+1
酸度     :1.5
アルコール度数:16.0度

しっかりとした味わいですが滑らかできれいです。ただ、少しひね香を感じます。

竹の露『蔵古流』大吟醸

出羽燦々 精米歩合33%
酵母     :山形酵母
日本酒度   :+3
酸度     :1.2
アルコール度数:16.5度

左下の竹の露は他の4種と違い、華やか系というよりはどっしりとしたしっかり2回火入れというタイプです。
出羽燦々は華やかで可愛らしいイメージでしたが、まったく違ったので驚きました。

これは先ほどの大山よりひねた感じがあります。

つくり方なのか、保存状態なのか、また違う機会に飲んでみたいです。

亀の井『くどき上手』大吟醸

山田錦 精米歩合35%
酵母     :小川10号・KA
日本酒度   :+3
酸度     :1.3
アルコール度数:17.0度

酵母が小川10号・KAになっているのですが、KAとは山形KAのことでしょうか。
いつものくどき上手のような、メロンや洋梨のような艷やかで華やかな香りです。くどき上手が1番華やかに香ります。


すべて鶴岡市の酒蔵でした。

鶴岡市は酒蔵が多いですね。7蔵あるようです。

愉海亭 みやじまのお部屋と温泉はこちら




***********
お酒は20歳になってから。のんべーほど酒量はほどほどに。