生理前後のダイエットは痩せ期に体重が落ちる

仙台 ぶり子

秋田出身・仙台在住の36才。
高校生と小学生の2児の母で日本酒が趣味です。日々頑張らないように頑張ってます。

情報は投稿日or更新日のものです。

わたしの極度の忘れっぽさと注意欠陥&コロナなどの影響で店舗さんでも変更もあるかもなので

営業時間、住所などの最新&詳細な情報はSNSや公式HPのリンクからご確認ください♪

更新はTwitterでお知らせ!

毎週ダイエット記事を更新すると言いながらブログメンテナンスを理由に1週間ダイエット記事をお休みしていたぶり子ござる。

更新しなかったのは生理前後で体重が安定しないというのも理由にありました。

痩せ期は1週間で2.5kg減

前回は30代後半でも1週間で2kg以上痩せたダイエット方法という記事を書いたのですが、その後生理1週間前に突入。

生理前は主にむくみで体重が増加します。

子宮内膜(経血)も蓄積されますが、総重量は多くても140gほど。それほど影響はなさそうです。

経血量については詳しくは生理の出血量の平均はどれくらい?多い人と少ない人を比べてみたに記載されています。※開封した生理用品。食紅の色水の写真が出てきます。苦手な方はご注意下さい。

『生理前後は見た目・数字の上ではどんなに頑張っても痩せないからダイエットしても無駄』

と言われることもありますが、脂肪が蓄積されて体重増加しているわけではありません。(体重計の体脂肪率などは体内水分量で変化するのであまりあてにはなりません)

生理前後はむくみやすいので、食事制限や運動などを行っても数字・見た目の上では痩せたようには見えなくても脂肪は減少しているので、生理が終わってから排卵日前後にかけてむくみが落ちると一気に体重が落ちます。

これが本来であればカロリー制限+運動を取り入れたダイエットで計算上1週間に1kg~1.5kgほどしか落ちないはずなのに2.5kgも落ちた前回の記事(30代後半でも1週間で2kg以上痩せたダイエット方法)

痩せ期の仕組みです。

生理前後のダイエットは痩せない?

『生理前は体重が減らない』『生理前後に体重が増える』という女性が多いと思います。

増してくる食欲を我慢して食事制限したり、毎日運動したりしても数字に表れなかったり、むくみで見た目にも太ったように見えるとモチベーションが下がって

『ダイエット諦めようかな』

『生理中はダイエットお休みしようかな』

なんて考えることもありますよね。

生理前の食事・カロリー制限について

『生理前後はダイエットしても体重が減らない』といわれていますが、実際には脂肪は減っています。

生理前後も食事制限や決めた摂取カロリーの範囲内で食事すると、むくみが落ちついた時に一気に体重が落ちます。

生理後のダイエット貯金だと思って体重が減らない時期を乗り越えましょう。

生理前は食欲が増してどうしても我慢できないという場合は、月間でカロリー制限をする方法もあります。

成功したダイエット方法【食べたいもの食べるダイエット】という記事に

確実に痩せる摂取カロリーの決め方という項目があるので、そこで1週間に摂取できるカロリーを計算し、食欲の少ない週の摂取カロリーを減らし、生理前に摂取できるカロリーを多めに確保するのがおすすめです。

(生理の約2週間前である排卵日前は食欲が落ち着くと言われています)

また、生理前はむくみやすく、むくみ解消を頑張っても効果が出にくい時期です。

生理前もスッキリした体型でいたい、モチベーションを保ちたい場合は生理1~2週間前から塩分過多に気を付け、むくみ解消法でむくみを予防しましょう。

生理前のむくみが少ない方が体重の減少が始まる時期も早まります。

▽むくみ解消実験記事▽

3日で1~2kg痩せる!むくみ解消ダイエット

生理前後の運動について

『生理前は眠かったり怠かったりして運動する気力がわかない』

『体重が減らないからモチベーションが上がらない』

という場合もあると思いますが、生理前後も調子のよい時期と同じように運動をした方が痩せます。

汗をかいたり、筋肉が付くことでむくみ解消に繋がり、筋肉量を維持することで体重が減ったときに基礎代謝が大きく下がるのを防ぐことができます。

生理前後は精神的に不安定になりやすいですが、運動はうつ病予防にも効果的です。

運動することでストレス解消になりメンタルも安定しやすくなるので、精神的・肉体的に無理のない程度に体を動かしましょう。

わたしは脂肪燃焼のための運動にはステッパーをおすすめしています。

ステッパーを踏みながら上半身のストレッチや筋トレなどもテレビを見ながら出来るので、短い時間で効率よく運動することができます。

天気にも左右されずいつでも出来るので習慣付けがしやすく、お尻・脚など大きな筋肉を刺激することで筋力と基礎代謝がアップし痩せやすくなり、汗をかくことでむくみ解消、有酸素運動で脂肪燃焼に繋がります。

生理中でも痩せる

ダイエットは体内の水分量に大きく影響されます。

脂肪を減らすのは大変なのに、むくみだけで簡単に3kg体重が増えてしまいます。

生理前後、頑張っても体重が落ちなくてモチベーションが下がりつらい思いをしている女性が多いと思いますが、きちんと運動・食事制限を続けていれば脂肪は減り、生理後~排卵日前にはその努力が数値と体型に現れます。

むくみ解消、体重の増減を繰り返しながら目標の体重まで乗り切りましょう。

▽こんな記事も書いています▽

30代後半でも1週間で2kg以上痩せたダイエット方法

サメ肌が治った!ザラザラ肌をすべすべにする方法

バージスライン(下乳)がない場合の美胸の作り方

段差と黒ずみ解消!太ももとお尻の境目を作る【ブラデリス お尻が桃パンツ】の効果